--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/04/12.Wed

近藤マジック実践レポート第2段!

『まいど~』って言われるんじゃないかってくらい、私は100均の常連です(笑)
100均って・・・世の中で話題になっているものを、結構敏感に取り入れてくれますよね?
必要なものがあるときは、ホームセンターに行く前に、まず100均を覗くようにしています。
工具や金具や塗料類もいろいろ揃っているところもうれしい♪

sinbun

ダイニングテーブル付近に新聞を収納したいと思っていました。
近くの棚に書類ケースを取り付けた時期もありましたが、ケースに余裕があると2~3日分が入れっぱなしになることも・・・。
そこで現在は100均のつっぱり棒2本を使って新聞を収納しています。1日分しか入りませんっ!
写真手前が夫の席、向かい側が私の席なのですが、私も座ったままで新聞を取ることができて快適です~。

sutooku

夫と子供達がお風呂に入っていると「シャンプーないぞぉ~」とか、「ボディーソープくれぇ~」とか・・・。
いないスキに掃除機をかけている時は、その都度手を止めなければならず・・・イラッとします。
そこで、シャンプー類のストックとフロあがり用マットとティッシュ・ゴミ箱を、お風呂付近に置きたいと思っていました。(うちの子供はよくお風呂で鼻をかみます・・・)
フロあがり用のマットを洗濯してしまっているときは、新しいマットを取ろうと足が濡れたままでドカドカ歩いて床が濡れる・・・というパターンも何とかしたかったのです。
で、こうなりました~。
一番上にクルクル巻になっているのがマット類です。
お風呂から手を伸ばすと取れるようになっています。
ストックもオープンになっていると、何がなくなっているのかひと目で確認できるので、買い過ぎの防止にも役立っています。

sutookuzoom

入浴剤を入れるスペースもできちゃいました。
一緒にハサミも収納しています。詰め替え用のものってなかなか切れないんですよね。
しかも、お風呂に入っていると手が切れやすいのでキケンですし・・・。
洗濯用の洗剤の詰め替えにもハサミを使うので一石二鳥です。
ゴミ箱は、直接床に置きたくなかったので洗濯ばさみで洗剤の空き箱をぶら下げています。
使用したのは、100均のワイヤーネットとカゴ・結束バンド・洗濯バサミ・・・・以上です!
あとは、耐荷重に合った石膏ボード用の止め具で壁に取り付けちゃいました。

matto

フロあがり用マットを乾かすための場所が欲しいと思っていました。
しかも、乾きやすいように広げて干したいし、子供達が夫より先にお風呂から出ることを考えると、入る前に強制的に床にセットできれば・・・と思ったのです。
となると、マットを床にセットしないとお風呂のドアが閉められない仕組みにしてしまえ~!ということで、ドアに取り付けることにしました。
使用したのは、吸盤フックと洗濯バサミのみ。簡単だし、よく乾きます。

cyouri

ガスレンジ台すぐ横の引出しに、調理用器具を入れています。
どちらの方向からでもすぐ取れる位置なので便利です。
ズボラな私は、以前まで全てここに全て放り込んでいたので、調理中に使おうと思ったものをゴソゴソ探すこともしばしば・・・。
ささっと取り出したい!と思っていました。
ひっかける収納も考えましたが、お玉・フライ返し・・・と、いちいちひっかけることすら面倒くさい。
何か安定性のあるものに入れて、置く収納にしようかとも思いましたが、入れ物自体が油でギロギロになるのもイヤだし・・・。
引き出しの中を、市販の仕切るプレートも使用したことがありますが、グラグラしてあまり使い勝手がよくありませんでした。
そこで、出ました!近藤マジック18番!
テレビや講演会でもよく紹介されている、この方法を実行してみることにしました。
100均ケース数個を使って好きな大きさにカットして、結束バンドでつなげてしまう方法です。
均等に穴が開いているケースなので、寸法を測らなくても穴を目安にしてニッパーでカットしていくことができます。
もともとのケースより大きくもできるし、小さくもできます。幅も同じ要領で自由に変更可能です。
非常に便利です!快適です!
欲しいものがすぐ取れるにもかかわらず、従来どおり放り込み収納ができる♪
まさに私にピッタリでした。
キッチンバサミやピーラーは、端に立てて収納して、危なくなくサッと取れるようにしました。
よく使う物を厳選して、あまり大量に収納しないのがポイントです。
ちょっとしたことですが、ひと手間かけるとスムーズに調理ができます。
katorari

カトラリー用の引き出しです。
市販のカトラリーケースも使ったことがありますが、引き出しのサイズにピッタリ合わないし、仕切り方も自分の思うようにはいきません。
そこで、牛乳パックを使って仕切ってみました。
どういうレイアウトにすると使い勝手がいいのか、はっきりしない場合は、こういう廃材を使ってまず試してみるといいというのも、先生の教えです。
本当にこれでよしっ!と思ったときは、寸法に合ったものを探してお金をかけましょう~♪とのこと。
ハイ、やってみました。これまたいいです。
kyunyu

パックをこんな風にカットして重ねると小さくできますし、厚紙に食器棚用のシートなんかを貼ったものをはめてあげると大きくもできます。これも、まさしく近藤マジックの一つです。
汚れたり、今一しっくりこない・・・という場合は、気軽に作り直すことも可能です。

fukku

向きがちぐはぐ?!になっている100均S字フックです。
シンクの上扉にひっかけて、洗ったザルやまな板等・・・引っ掛けて水切りしてます。
洗った後、サッと引っ掛けられるのが便利です。
水が切れたところで、本来の位置に収納しています。
フックがはずれないように輪ゴムで止めていますが、フックと扉の接触する部分が傷む可能性も・・・。
フックの接触する部分にビニールテープなんかを巻くといいかなぁ~とも思っています。

youki

パックになっているお茶類のストックを入れています。
家ではほぼ毎日、緑茶と麦茶のパックを使います。
片手に水を入れたポットを持ったままでパックをさっと取りたいのです。
以前は、フタを取り外すタイプの容器を使っていましたが・・・これすら面倒でした。
そこで、片手で開け閉めできる容器を探すことに。
本来は、お米をストックする為の商品として100均で売られているものです。
先生のお陰で【本来の用途にとらわれず使える物を使える場所で使う】ということを学びました。
固定観念にとらわれてはいけないということなんですよねっ。
かなり重宝しています。

botoru

ご覧の通り・・・ボトルです(笑)
特に食器洗い用洗剤は、この手のボトルに入れておくと便利ですねぇ~。
洗い物をしながら洗剤を追加するときは、片手にスポンジを持ったままワンプッシュですみますし、ボトルが洗剤のアワだらけになることも避けられます。
お風呂場でもこのボトルにシャンプー類を入れています。
中身があとどれくらなのか確認しやすいという点も気に入っています♪

まだまだ100均シリーズは続きそうです・・・。
次回はシューズクローゼットや、スチールラックでも100均が大活躍~!している部分をご紹介したいと思います。

【2010.9月追記】
現在、変わっている部分もありますが、カトラリーの仕切りは、相変わらず牛乳パックです(笑)
サイズも好きに変更できて、ホントに使い勝手がいいです~!
関連記事
整理・収納・DIY | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。