--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/08/18.Thu

子供部屋の整理

整理収納アドバイザーの畠山でございます~!とセミナーや整理収納サービスを行わせていただいておりますが、中1の我が息子の部屋は…

【Before】
HI3H0239.jpg

HI3H0238.jpg

あららら…あまりにもヒド過ぎませんか?
小さい頃から定期的に(強制的に)モノの整理をさせてきたので、所有しているモノの量はさほど多くはありません。
でも、さすがにこれでは机に向かって勉強する気になれませんな~!
床でうつぶせになって宿題をやっているのも頷けます。
やはり、時間に追われる生活をすると家や部屋が乱れます。
ただ、その乱れをパパッと元に戻せるシステムを作れるか作れないかの問題だと思います。
そこで、夏休みになったと同時にお片付けを決行♪
まずは、自分の部屋でどのように過ごしたいのか?ヒアリングと現状を写真撮影。
セミナーでもオススメしていますが、肉眼ではなく是非デジカメやビデオで撮って、客観的に見て下さい。
きっと、いろいろなことに気づくと思いますよ~。
自分の部屋を画像として見た息子は…「きったね~!!!」と言っていました。
きっと、肉眼で見る以上にごちゃごちゃしていることに気づいたのでしょう。
子供に、片付けなさい!といくら吠えても改善の余地がない場合は、是非写真に撮ってそれを見せて感想を聞いてみるといいと思いますよ~。

続いて、持っているモノをまずはグループに分けさせます。
勉強道具・文房具・ゲーム関係・本・思い出のモノ等…まずは、ざっくりグループ分けでOK。
大人でもそうですが、必要か必要ではないのかを判断するのは非常にエネルギーのいることです。
特に子供の場合は、始めから手に取るモノ一つ一つに対して要る要らないを考えさせながら整理を進めると後が続かなくなり、その内に全部必要に思えてきます…。
グループになってからだと、これだけ同じモノがあるなら…これは必要でこれは必要ないと判断がしやすくなります。
その後、どこに収めるのがベストかを一緒に考えながら収納していきます。
グループに分けたり、要不要の判断は息子本人にやらせましたが、収納を検討する頃には、息子の集中力は切れていました(笑)
胎教のせいか、次男のゆーとは整理収納が得意分野ですが、長男のたっくはあまり得意ではありません。
ブラウン管テレビをコーナー収納するための家具を使用していましたが、テレビも変わったので家にあったカラーボックスを使うことに。
XBOXを横に置けるよう棚板を1枚外し、配線を後ろに回せるよう背板を1枚外して使用しています。

子供部屋を整えるポイントとしては、勉強コーナー・寝る(くつろぐ)コーナー・TV(ゲーム)コーナー・飾るモノコーナーと、場所に目的を持たせると、ここには何を収納すればいいのか、逆に…ここに置くべきではないのかがわかってきます。

【After】
HI3H0246.jpg

HI3H0245.jpg

その後、多少散らかっても短時間で元に戻せているようです。
一度システムを作ってあげると、楽になりますよね…。
また、子供が自分の部屋が好きになるよう工夫してあげることも大切なのだと感じています。
たっくの友人K君が遊びにきたので、K君の部屋も片付けに行くかい?と申し出ましたが却下されました(笑)
が、その後自分で部屋を片付けたらしく…片付けたさ~と電話で報告してくれました。
こういうエネルギーって、連鎖するんですよね。
家族にごちゃごちゃ言われるよりも、他人からアドバイスされる方が腑に落ちるという場合もあります。
アドバイスのみのサービスも行っておりますので、こちらまでご連絡下さいませ~♪


↓片付け・収納ランキングに登録しています。
更新をサボり気味の中、ポチポチ押して下さっている方…ありがとうございます。
1日1回クリックしていただけると、ポイントが入ることになっています。
更新の励みになりますので、ご協力おねがいします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へにほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 岩見沢情報へ
関連記事
整理・収納・DIY | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。