--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/09/29.Wed

断る勇気

モノが増えてしまう原因の一つに、貰いモノがあります。
今日、夫の母が「私が30代に着ていた服なんだけど、高かったから、もったいなくてリサイクルにも出せなかったんだよね~」と言いながら、赤黒のストライプ柄のニット系ロングジャケット風(襟なしバスローブのようなデザイン)を私に持ってきてくれました。
まさに、整理収納セミナーでの定番とも言える「もったいない」「高かったから」という手放せない理由2大原則。
一見、昔のたんぜんのような、民族衣装のような雰囲気で、かなり時代を感じ、思わず言葉を失いましたが、何とか自分を呼び戻しました(笑)
明らかに着ないな…と思いながらも、手放すのが惜しくて30年以上保管していたお宝を、嫁の私になら譲ってもいいと思ってもらえたことは、とても嬉しく思いました。
そこで、母の前で袖を通してみました。
たまたま家にいた夫に「どう?」と(当然「あり得ないべ~」というセリフが返ってくると期待しながら)聞くと、「家で着るにはいいんじゃないか?」と…。
せっかくだし、家でなら着れるかな?どうしよう…と迷っていると、母は「暖かいから着るなら着てみたら!」と言い残し帰っていきました。
一人になってから、改めて手に取り、本当に家で着るのか?とじっくり考えました。
確かに着ると暖かいのですが、ずっしり重く肩がこりそうでした。
やっぱり、どう考えても家の中でも着そうにありません。
このまま黙って処分したり、タンスの肥やしにしておくのも心が痛むので(勇気を出して)実家に行った際「おかあさん、ごめんね…やっぱり着ないわ~」と言いお返ししました。

モノを増やさないよう心がけるには、(やんわりハッキリ)断る勇気も必要です!

このように、一旦受け取ってよく考えたけど着ないからと返すべきか、明らかに着ない(使わない)というモノについては、袖を通す前に断った方が、返ってお母さんにとっては良かったのだろうか…と小さなしこりが心に残りました。

比較的痛みの少ない子供たちの衣類を引き取ってくれる友人がいます。
その方に渡すときには必ず「着れないモノは処分してね~!」という一言を添えるようにしています。
私もかつて子供たちの衣類を頂いたときに、この一言があったお陰でとても気持ちが楽だったという記憶があるからです。
良かれと思っても、もらう方にとっては…というケースも少なくありません。
送る側の人は、もらう側の立場にたって考えることが大切ですね…

↓片付け・収納ランキングに登録しています。
クリックしていただけると、更新の励みになります♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
関連記事
整理・収納・DIY | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
断るのって、ほんっと、勇気要りますよね。
私の義母は、特に何も捨てれない人でして、同居中の新居はものであふれかえっています。
いくらなんでも、これを私に??というだぼだぼTシャツ等をくれようとしたり、
もうぞうきんにした方が良いような服を大事にしまってるんですよ・・・
ちなみに家にはバスタオルだけで100枚以上あります・・・
キッチンも、使えなくなったフライパンがたくさんあり、一度捨てようとしたんですが、失敗。
いつか使うはずと言うおかーさまに物申すのも難しいんですよねー
◆ぜんぶままさん◆
コメントありがとうです~!
そうなんだ~せっかくの新居なのにね・・・
もったいない・いつかどこかで使えるかも・・・と思うと、たとえゴミでも捨てられなくなってしまうんですよね。
例えば、ワンピースならワンピースだけをクローゼットから出して、自分が着ているところが想像できるモノだけを選んでいただくという方法はいかがかしら?
そのときに、是非ぜんぶままさんも立ち会って、お母様がステキに見える服を一緒に選んであげるといいな~。
逆に、もう処分してもよさげな服を選んだときは、老けてみえますよ・・・とか、うまく誘導する(笑)
誰かに背中を押してもらうと、意外に「そうかしら?」と手放すことが出来たりします。
この要領で、スーツ・スカート・ブラウス・セーターなど1アイテムずつ進めていくと衣類も少しずつ減っていくと思うな~。
バスタオルは、ぜんぶ姐さんが万が一寝たきりになってしまったときには、重宝するかもしれないので、傷みがあるものは、ぜんぶ姐さん用にストックしておくといいかも・・・。
フライパンも、どうしても捨てられないなら、同じ場所に収納して日々ストレスになるくらいなら、納戸等の別な場所に一時避難させてみては?
やっぱり使わないわねと納得してもらうための猶予期間を設けてから処分した方がいいかも。
せっかくなら、ぜんぶままさんのインテリアセンスを生かして快適に暮らしてもらいたいなぁ♪
特に、年配の方には押し付けず、譲歩しながらも「使うモノだけにすると生活しやすい」ということを体感しやすいモノから整理すると先が楽になるかもね!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。