--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/05/29.Fri

大腸内視鏡検査Part.2

大腸内視鏡検査レポートの続きです・・・。
検査説明の文書には、30分程度と書いてありましたが、何事もなければもっと早く終わりますとナースは言っていましたが、以前泌尿器科で診察を受けたとき、CT画像を見ながらドクターから、この腸にカメラを入れるのは大変だろうなぁ~と言われたので、人様よりは大変な検査になるだろうと覚悟はしていました。
検査室に入ると、お尻の部分に大きく横長に切れ目が入っているデカパンに着替えるよう指示されました。
検査台に横になるように言われたので、横になってドクターを待っている内に、いつの間にかバクスイしていたようで、名前を呼ばれて目が覚めドクターの顔が見えたとき・・・え?何で先生がいるの?と思ったほど真剣に寝ていたようです(笑)
まだ私は半分寝ぼけている状態のときに、腕に筋肉注射をされ、ちょっとゴメンよ~とドクターが言ったかと思うと、いきなり肛門にゼリーのついた指を突っ込まれました。
カメラを入れ始めて間もなく、ガマンしないで痛かったら言ってね!ガマンされると危ないから・・・と。
私の大腸は少々特殊な形をしているらしく、なかなかカメラが入っていかない様子・・・。
ドクターは「こんな形をした腸は初めてだな~3万例くらい検査しているけど・・・」と言いながら汗だくになっていて、横にいたナースも心配そうにドクターと私の顔を交互に見ていました。
癒着している部分があって、カメラを押し戻してしまう部分もあるらしく、痛くない?大丈夫?大丈夫?と検査が終わるまでに200回くらい聞かれたような気がします。
先生こそ大丈夫?と聞きたくなるほどドクターは汗だくで、倒れてしまうんじゃないかとすら思いました(爆)
それにしても、お尻にホース状のカメラが入ったまま、上を向いてとか、右を向いてとか、左を向いてとか・・・いやいやホントに大変でした。
ここ痛いでしょ?と検査の途中で言われた部分は確かにかなり痛みました。でも、5日の激痛を思うとへでもありませんでしたが、先生は「いや~これはオトコの人なら耐えられないかもなぁ・・・ここを硬い便が通るとかなり辛いと思います・・・」と言っていました。
憩室以外に変な病気が見つかるのではないかと不安な気持ちもありましたが、これが憩室で・・・あ~ここが炎症の痕だね!とハッキリ言われることを期待しながら受けた検査でした。
でも結局のところ憩室はあるけれど、もし炎症を起こしていたとしたら、いくら2週間近く経っていても粘膜に何らかの炎症のあとがあるはずなんだけどな・・・それは見当たらないな~。ポリープもないし、腸の粘膜もキレイです・・・とのことでカメラは抜き取られました。
結局検査が終わったのは、5時近く・・・何時から始めたのかハッキリ時計は見ていませんでしたが、検査は30分どころか、1時間近くかかっちゃったのかもしれません。
検査のあとの説明では、ハッキリ言って婦人科の影響をかなり受けている大腸と言えますと真っ先に言われました。
腫れている卵巣を迂回するような形に大腸が変形しているらしく、癒着もあるとのこと・・・。
大腸内視鏡
ドクターが説明しながら書込み、プリントしてくれました。
↑○印が付けてある部分が、横の手書きの図のように変形しているそうです。

結局は婦人科の影響でこうなっているということなのでしょう・・・。
やっぱり婦人科か・・・と何だか肩を落としてしまいました。
痛みとしては、大腸だったような気がするな~と思っています。
来週、婦人科の診察を受ける予定になっているので、婦人科ドクターともよく相談してこようと思います。

今日の朝、たまたま早起きしたので(リビングのソファで寝てしまい寒くて目が覚めました)ダイニングテーブル横のカウンター上に放置していた経理用の書類等の山を片付けました。
リビング内を行ったりきたりしていると、何だか足の裏がベタベタ・ザラザラしてきました。
ここ数週間ゆっくり掃除する時間も体力もなく、掃除が楽しくなるクリーナー(2009.3.9記事)で軽くゴミやホコリを吸うくらいでした。(ほとんど夫がやってます)
恐る恐る歩いていましたが、勇気を出して足の裏を見てみると・・・黒っ!!!
やるしかないかっ・・・とハラをくくって、以前購入して放置していたスチームモップをひっぱりだして、わっしわし床を拭きました。
拭いた直後は、多少水分が気になる部分もありますが、乾くとサラサラになります。
あ~スッキリしたっ!
スチームモップについては、また改めてレポしようと思っています。

↓片付け・収納ランキングに登録しています。応援して下さいね~♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
関連記事
ダイエット・健康・スキンケア | Comments(5) | Trackback(0)
Comment
大変でしたね・・・・・
お疲れ様ですとしか言えないです・・・・
お家の用事なんて出来ませんよ!体力的にも精神的にも。
私も癒着が左右どちらにもあるんですが、先生は開腹の方がリスク高いので、今の様子ならそのままで、と仰ってるんですが・・・。
時々差し込む痛さ・・・・言った方がいいかなぁ?(汗)
とにかく、健康は何よりも大切ですよねっ!
お掃除も大切ですが、やっぱお体お大事に!です!
すみませんでした。m(__)m
前回コメントさせていただきましたが
「はじめまして」のご挨拶もなしに自分の憩室炎のことばかりを
書いてしまったので恥ずかしくなって削除してしまいました。
かえってご心配おかけしたようで申し訳ありませんでした。

お仕事もお掃除も多忙なのに、腹痛(痛いですよね~あの痛み)や大腸検査では大変ですよね~!
大腸内視鏡も注腸検査(バリウム)も経験済みなのでその検査の大変さはよーーくわかります。
(内視鏡の方が痛くて嫌でした。。)

私は去年、憩室炎になって入院しましたが、絶食(4日)と
重湯から三分粥、五分粥とお粥のフルコースと点滴の
10日間でした。
腸を休めるのが一番の治療なのでしょうね。
これからは便秘対策おこたりなく、憩室とのんびりつきあって
いこうと思ってます。

これからはくれぐれも無理なさらずに、暮らしを楽しみつつ
元気にお過ごしくださいね。

収納や整理は興味があるので遡っていろいろ読ませて
いただきますね。

コメントありがとうございます~!
◆piyoさん◆
今までも、たま~に肛門にかけて息が止まってしまうような差し込む痛みがありましたが、その程度だとまだ何とか耐えることができました。
でも、さすがに今回のように陣痛に匹敵するような痛みとあと10年近く付き合っていかなければならないのかと思うと、それは耐えられないかも・・・と思っています。
ただ、卵巣や子宮を摘出することによって解消されるのかどうかがポイントですよね・・・。
ホルモンバランスのだめにも、右の卵巣が残せる段階で手術に踏み切った方がいいというのが私の婦人科ドクターの考えです。
卵巣がいかせる状態であれば、温存できた方がいいですよね・・・。
不安であれば、セカンドオピニオンとして、評判のいい別な婦人科を受診するという方法もありますよね?
気づくと悪化していた・・・ということのないよう、定期的に婦人科に検診に行って下さいね~!
ホント健康第一ですね・・・。

◆豆大福さん◆
はじめまして~!
あ~気を悪くさせてしまったのかな~?と心配していたので、こうして再びコメントをいただくことができて嬉しいです~!ホッとしました(笑)
今回の内視鏡検査の結果としては、憩室炎があった形跡はないとのことでしたが、カメラが通るときのあの痛みは、まさにあの激痛のときと良く似た痛みでした・・・。
自分で記事を書きながら考えていたのですが、婦人科系の悪化により、大腸が変形・癒着していて、そこが痛むということなのかな~と・・・。
私の身近にも憩室炎で入院した方がいて、聞くところによるとやはり痛み方は同じで、やはり絶食で点滴だったとのこと・・・。
私の場合は、炎症をおこしていなくても、ちょっと便が硬くなった状態で、癒着したり変形したりしているところを通るときがヤバいということなんだと思います。コワイわ~(泣)
子宮・卵巣摘出のメリットやリスク等をネットで研究中です~。
豆大福さんも、お大事にして下さいね・・・。
うひゃ~お疲れさまです!
憩室を含む大腸検索って、
( ̄~ ̄)ξハードなんですね~!
昔、母親が大腸の同じ検索を
したことがありましたが、
便秘体質でも大変だし、
相当、な検索だったみたいです・・。

(-Q-)ちゃこさんも大変でしたね。
しかも、次は婦人科なんですか?
やらなくちゃダメなんでしょうけど、
日々、体力の温存に励んで(無理か~)くださいね。
◆占い師mechaさん◆
コメントありがとうございます~!
mechaさんからのコメを読んで、あ゛・・・婦人科受診後の報告記事を書くの忘れてた・・・と気が付きました(笑)
大腸の検査は大変でしたが、一度はやらなくちゃ~と何年も前から思っていたので良かったと思っています。
結局、11月頃には子宮・左の卵巣を摘出する手術を受けることにしました。
要は、子宮から子宮外に内膜が放出されてしまうのを(摘出することによって)止めて、癒着箇所等がこれ以上増えないようにするということ、そして腫れている卵巣がガン化してしまう可能性もなくはないという話で納得しました。
今後手術までの間、ホルモン剤で生理を止めるので、今回が人生で最後の生理になりました・・・何だか少々感慨深いものがあります。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。