--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/02/06.Fri

お箸の持ち方を矯正

子ども達のお箸の持ち方がヤバイということで、『はしはじめ』という持ち方を矯正するお箸を使わせていたことがありました。(2006.8.10記事参照)
当時、たっくんは2年生、ゆーとは年中でした・・・。
お陰で、ゆーとは普通に持つことが出来るようになりましたが、たっくんは未だに直っていません。
ちゃんと矯正できていない内に普通のお箸を持ってしまったことが原因かと思います。
やはり、自分流の持ち方が確立する前に直してあげるべきでした・・・。
もう5年生になろうとしているのに、まともにお箸を持てないなんてヤバくね?・・・と改めて思い始め、最近は「お箸ちゃんと持って!」と食事中注意するようにしていますが、気づくとまた『たっくん流』の持ち方になってる始末・・・。
ちなみに、まだ捨てずに残っていた矯正箸を持たせてみると・・・
はしはじめ1

はしはじめ2
もう小さい感じがします・・・
はしばめのHPを見ると、小学高学年および成人女性向けの18㎝タイプも販売しているので、これを買って、もう一度真剣に直そうか?と聞いてみましたが大丈夫だからと言います。
大丈夫じゃなさそうなんだけど・・・結構高い(送料込みで4,000円以上かかる)しな~と考えてしまいました。
そこで、夕食が終わってから、たっくん流の持ち方をよく観察してみると、下のお箸を薬指にくっつけておくのが難しいのかも・・・と思い、ちゃこ流の矯正方法を考えてみました~♪
箸矯正1
かなり原始的ですが・・・
箸矯正2
輪ゴムで、薬指とお箸をまとめてみました(爆)
箸矯正3
たっくん曰く、いい感じだそうです。
昨日も、「お母さんゴムちょうだい」と自ら固定させていました(笑)
あまりきつく固定してしまうと、血が止まります・・・
とりあえず、この方法でしばらく様子をみてみようと思います。
あとは、練習あるのみ・・・です!

やはり、キシリトールガムを噛みながら添い寝すると、寝ずに復活することができています。
それなのに昨日は、うっかりしてガムなしで添い寝したところ、目覚めると朝でした・・・ショックです(泣)
カラーボックス棚周りも、あとひとふんばりなんだけどな~
↓土日に必死でやります♪応援して下さいね~!
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ

【2010.10月追記】
お陰さまで、この『ちゃこ流持ち方矯正法』で、たっくんは正しくお箸を持てるようになりました。
はじめからゴムでいいのかはビミョウですが(笑)…ちょっと試してみるのもいいかもしれません♪
関連記事
家族・子育て | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
はじめまして
おじゃまします。

はしはじめ、効果あるんですね。
うちの子には、指の場所を全部固定できるようなハシを使ったことがあるのですが、効果全くなし。

ゴムの効果はどうですか(^^)

全部の指じゃなくて、薬指だけっていうのがいいんですかね。
◆mahoさん◆
はじめまして♪コメントありがとうございます~!
はしはじめは、少なくとも下の子には効果がありました。
ゴムの効果のほどは、まだ数日しか経過していないので何とも・・・(笑)
上の子は、自分でゴムを巻いているところを見ると、地味に使いやすいのかもしれません。
もう少し様子をみて、また報告記事を書きたいと思います。
後ほど、mahoさんのところにもお邪魔させていただきますね~♪
∩・∀・)こんにちは~
うちの子供は幸いにもちゃんと持っているようです。
先日の事ですがご一緒した方が箸をちゃんと持ってないのを見て、
あちゃ~って思いました。
箸の持ち方、ご飯の食べ方はしっかり教えたいですね~
昨日、久々に筋トレしました、今日は激筋肉痛です。
◆筋肉料理人さん◆
コメントありがとうございます~!
そうなんですよね・・・お箸の持ち方をきちんと教えるのは、やはり保護者の義務だと思っています。
と言っても、なかなか目が行き届かず・・・気づくとヤバッ!と焦っているところですが(笑)
今回は、たっくん自信も気をつけるよう努力しているようなので、何とか5年生になる前に直したいな~。

お~激筋肉痛・・・痛いけど嬉しぃ~みたいな・・・←ここだけ聞くと怪しい(爆)
お片づけを優先させているので、先週は1回しかコアれませんでした・・・。
でもその1回が結構効いたな~!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。