--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/01/21.Wed

Gさんパパ三回忌

先日Gさんパパの三回忌がありました。
お経をききながら、優しく微笑んでいるような、悪戯を考えているときのような憎めない顔で写っている遺影を見ながら「パパいつも心配かけてゴメン、パパが生きていてくれたらと思うことがたくさんあったよ・・・」という思いがこみあげると同時に、私の目からも次から次へと涙が溢れていきました。
パパの四十九日に、『当たり前のことをありがたいと思いながら日々を大事に生きなければならない』という内容のお説教を聞いて以来、このことはパパが身をもって教えてくれたことなんだと常日頃から意識するようにしています。
そして、今回は『諸行無常(しょぎょうむじょう)』であること・・・万物は常に移り変わり,永久不変のものはないという内容のお説教を聞きました。
たまたま私が進学した高校では仏教の授業があり、よく耳にしていた言葉ですが、当時は理解できていたようなできていなかったような・・・。
こうして年齢を重ね、失いたくないものが増えると共に、こういう言葉も心にしみいるようになるものなのかな・・・と感じています。

ゆーとは、今も時々家の中や、学校の教室でパパを見たと言うことがあります。
体育館でサッカーの練習を見ていることもあるらしく・・・子ども達が、逞しく育っている姿を見に来てくれているんだな~と思っています。
先週、Gさん宅次女のなっちゃんが成人式を迎え、ママから『なっちゃんの振袖姿をパパにも見せてあげたかった・・・』という内容のメルがきました。必ずババは見ているはずだから、パパが見てくれていることはわかっているよ・・・と声に出してパパに言ってあげてほしいとママに伝えました。
瞬間移動できるスーパーマンのようなパパ・・・(笑)、これからも皆を見守っててね!
関連記事
ある日の出来事♪ | Comments(5) | Trackback(0)
Comment
今日寝て明日の朝起きるという
そんな当たり前のことに感謝できるようになったのは
私も身内の人間を突然なくしてからでした。
私も実は去年の秋、
別れの経験をしました。
友達のご主人が30ちょっとの若さで
お亡くなりになって…
たった2歳と4歳の子と妻を残したまま。

彼女達のこれからを
彼がいつまでも見守ってくれるように・・・って
願ってます。
コメントありがとうございます♪
◆kakoさん◆
幸せの基準って、気持ち次第なんだ・・・と思うようになりました。
大切な方との辛く悲しい別れによって、教えられることって多いですよね。
毎日を大切に過ごさなければと思いながら、時の流れの速さに驚いています。

◆なほさん◆
本当に、いつ何があっても不思議ではないですよね。
そう思うと、たとえどんなに子ども達がうるさかろうと(笑)毎日元気に家族が過ごせることが一番だと自分に言い聞かせることもしばしば・・・。
かといって、何でもあり!って訳にはいかないですしね。
今ある幸せに感謝する気持ちは忘れないようにしたいと思います。
亡くなられた方は、いつも見守ってくれています。
きっとお子さんには見えていたりすると思いますよ~。
ただ力になってあげられないことにもどかしさを感じているみたいです・・・。
∩・∀・)こんにちは~
自分がいろいろな物をもっていると気がつくのは、
失った後なんですよね。
平凡な日常に感謝できる人間でありたいです。
いよいよ明日が撮影です。
昨日は何故かTVの撮影がありました。
疲れました・・・・
◆筋肉料理人さん◆
コメントありがとうございます♪
そうなんですよね・・・悲しいかな失ってから気づくことが多いですよね。
多少の困難があろうとも(笑)生きていられることに感謝です・・・ね。
こういう事って意識しなければ、すぐに忘れてしまうので、リビングに飾ってあるGさんパパの写真を見るたびに自分に言い聞かせるようにしています。

え~TV撮影までありましたか~!すごいな~
結局雪は降りましたか?
九州で雪が降ることがあるなんて、筋肉料理人さんに知り合わなければ知りませんでした(笑)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。