--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/07/24.Thu

格安の宿は気をつけろっ!

久々の更新です~!
まずは、その後のコアリズム報告です。
最近サボリがちですが、体脂肪率3%ダウン・体重も2キロダウン。
制服のスカートも以前まで息を吸いながらフックをしていましたが(笑)、今は余裕です~♪
筋肉がついたので、基礎代謝が上がっているのでしょうね・・・例年よりも汗をかきやすくなっている気がします。クワバタさんもブログでそんな事を書いていました。
また今晩から真面目にコアりたいと思います。

さてさて、先日たっくんの全道サッカー大会があり、3泊4日引率してきました。
後々になって疲れがどっと出ているせいか、あまりにも充実した4日間だったせいか・・・お祭りの後のような感じで脱力してしまい、気持ちも身体も普通の生活に戻りきれていません。
親子共々、感動の涙あり悔し涙ありの素晴しい経験をさせてもらいました。
子供達が逞しく見え、愛おしくも思え、全員を抱きしめたい気持ちになった程です(笑)
疲れたし、お金も使ったけれど、終わってみるとホントにいい思い出になりました。
もともと勝ち進まなければ2泊3日で帰宅する予定でした。
ところがミラクルが起こり、想像していた以上に上位まで勝ち進んでしまい、結局3泊することに・・・。
1・2泊目は、子供達も引率の親も、昨年から利用させていただいている旅館に宿泊。
もちろんトイレやお風呂は共同ですが、キレイに掃除してあり、全く問題ありません。
それどころか、格安な料金にもかかわらず、涙が出そうになるくらい細やかな女将さんの心遣いがあり、食べきれない程のお料理もおいしく居心地のいい旅館なのです。
去年も私は「帰りたくない・・・」と言っていたほど(笑)
ところが、どうしても3泊目だけが既に予約で埋まっており、何とか子供達の部屋は確保できても、引率の親は別な宿を手配する必要がありました。
でも、どうせ勝ち進まなければ3泊目はあり得ないから~と、宿の手配にも力が入らず・・・それが甘かった~。
宿の手配を担当していた先輩ママさんが、とりあえず、なるべく子供達の宿泊しているところに近いところで・・・と宿の情報誌で探したところ、ビジネスホテル●●(←●は漢字)というところを見つけ、勝ち進んだ場合のみ宿泊をしたいと、人数をあいまいにした状態で予約していました。
その後、私が宿の手配を引き継ぐことになり、一応ネットでチェックしたところ・・・ホテル名はヒットするものの、クリックすると詳細が出るはずのページには、URLが削除されていますと表示されてしまいます。
この段階で既に怪しい・・・とイヤな予感はしていました。
しかも電話でのやりとりは、かなり耳の遠いおばあさんで(80歳だそうな)、大丈夫か?と更に不安に・・・。
でも素泊まり3,000円、1食1,000円とのことで、この安さに負けて3泊目が決まった段階で1泊朝食付きで予約を確定させました。
急きょ地元から何人か応援にかけつけることになり、総勢12名での予約となりました。
かなりドキドキしながら宿に行ってみると・・・ホテルと呼ぶには程遠く、外観はお化け屋敷、入ってみると玄関先からカビ臭く、その段階で既にヤバいかも~と思いはじめました。できることなら、このままクルッと背を向けて車に飛び乗りダッシュで逃げたい!という衝動にかられたほどです。
でも、部屋はもう少しマシかも・・・とかすかな期待を持ちながら、恐る恐る靴をぬぎ中に進むと、白髪が一本も入っていない真っ黒な怪しいカツラをズラした状態で装着している女将が登場。
まるでドリフのコントのように「観光かい?お仕事かい?」と聞いてきそうな女将でした。
両手に荷物を山盛り抱えながら部屋の案内を頼むと、予約段階での変更が多いとグツグツ文句をたれ始めました。
私も少々キレかけましたが、とりあえず冷静に「とりあえず部屋はどこですかっ?」と少々強めの口調で話を遮り、やっと女将は歩き始めました。(しかも、従業員は1人もいないそうな・・・)
部屋に案内されると更にカビ臭が強く、夫はアレルギーがでて、くしゃみやハナミズが出始めました。
フロも共同にもかかわらず2箇所から出入りできてしまう上、中からカギがかけられず、外側からはカギがかけられる・・・と何ともチンプンカンプンな構造になっています。ウソかホントかわかりませんが、他にも宿泊者がいるらしく、誰が入ってくるかわからないという状態です。
その事を女将に尋ねると2Fにあるフロはカギがかかるとのこと。そこでコワイモノミタサで2Fのフロに行ってみると、何ヶ月も使っていないのかムシの死骸だらけ・・・。
更にお風呂は井戸水を沸かしているから浮遊物があるけど気にしないで♪とのこと。
4月に産まれたばかりの乳飲み子も泊ろうとしているのに、マジでヤバいかも・・・キャンセル料を取られても辞めた方がいいかも・・・と思い始めました。
結局は、皆で話し合いキャンセルしようということになりました。
12名のキャンセル料18,000円と言われたところ、夫が値切り15,000円にしてもらいましたが、1人1250円也・・・。授業料だと思うことにします。
念のために・・・と予めネットでチェックしていた宿に空きがあり、そこに望みを託しました。
キャンセルした宿よりはマシでしたが、ここもなかなかなお手前で・・・(笑)
格安な料金で24時間入れる温泉とネットには書いていましたが、入ってみるとビックリ!バスクリンたっぷりの眩しいくらいグリーンな大きいお風呂♪洗い場も2ヶ所のみ。
共同トイレも3つある内、ちゃんとカギがかかるのは1つのみ。
朝ごはんは、切干大根・漬物・納豆・生卵・卵焼き(爆)卵が2個出るなんて・・・人生初でした。ちなみに、子供用は目玉焼と卵焼きでした(爆)
と、まぁなかなか珍しい人生経験もさせてもらいました。
何年か経ってからも思い出話に花が咲くことでしょう・・・。
教訓!格安だからと飛びついてはいけない!ということですね・・・。
ネットである程度詳細を見ることができること、更には口コミの情報でちゃんとチェックすることも大切だということがよ~くわかりました。
以後気をつけたいと思います・・・。
関連記事
教訓! | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
うぷぷ
ズラの女将、受けました~。
まさか、出来るだけひどい有様にしておいて、キャンセル料とって儲けているんじゃないですよね・・・・。
泊まってくれなくてラッキーみたいな。
(でも話のタネに一泊ぐらいしてみたいかも~)
二つ目のお宿の卵責めもすごいですね。
安宿、奥が深いです。
◆リリココさん◆
コメントありがとうございます~!
いやね、ホント今だからこうして書けるけど、その場ではどうなってしまうのだろう・・・と泣きそうになりました・・・。
しかも、最終的に12名の運命を決めるのは私!みたいな感じだったので、かなり責任も感じていたし・・・。
ヅラ女将の宿に着いて間もなく子供をフロに入れたお父さんがいたんだけど、話によるとシャワーのお湯も温度調整ができなく、井戸水仕様の湯船のお湯で頭を洗ったとか・・・。それを聞いた瞬間にキャンセルを決定しました。
宿の中も迷路のようになっていて、階段を上がると部屋がいくつかあり、更に別の下りる階段があって、1Fどうしが繋がっていないんですよ・・・。何だかイヤな夢を見ているかのようでした。話によると、2Fのトイレはボットントイレで、1Fまで落ちるようになっているらしく、かなり深いとのこと。コワ~ですよ・・・。
壁からはお化けが出てきそうな雰囲気の部屋だし・・・。一刻も早く逃げ出さないと!って感じでした。
そんな思いをして行った2件目も、普通ではヤバく感じるはずですが、これくらいならまだマシだ・・・とスルーできました(笑)
リリココさんが北海道入りする際は、是非ご紹介いたしますわよ~!どっちの宿がいい?(爆)
気をつけます
はじめまして。


なかなかな珍道中でしたねぇ
(・∀・)

安物買いの銭失い。

私も気をつけます。
◆てつさん◆
はじめまして・・・コメントありがとうです(笑)
ある程度覚悟して行ったものの、ここまでヤバいとは思っておらず・・・。
1ヶ所目の宿を見なかった人たちは、口々に写メしておいてくれれば良かったのに・・・と。ホント写メどころか、ムービーで撮っておくべきだったかも~♪
私も以後気をつけたいと思っています。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。