--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/07/10.Thu

胃カメラ初体験!コツがあります…

先日、政府管掌健康保険生活習慣病予防健診を受けてきました。
私の会社では、労基法で年1回義務づけられている健康診断の代わりに、この健診を利用しています。
でも、1年おきにしか健診を受けさせてくれません・・・。
てか、健康診断自体も、私が入社してから「受けたい」と交渉し、やっと受けられるようになりました。
今までの健診では、胃バリウム検査を受けてきましたが、今回の健診からは、胃バリウムor胃カメラを選択できるようになりました。
バリウムも結構ニガテ・・・あの白い液体がコンクリートのように思えて、ノドが拒絶してしまい、今にも噴射しそうになります。
でも、胃カメラについては未体験者の私・・・。
他の社員は、みな経験者で、胃カメラを選びました。
私と同い年のいとこ(2児の母)は、胃カメラをのむくらいなら、もう1人子供を産んだ方がいい!と豪語するほど苦しかったようです。
でも、私の母や夫の両親は、バリウムよりもカメラの方がマシだ・・・とよく言っています。
そんな話を聞いていたので、かなり迷いましたが、この機会に一度体験してみるのも悪くないかも・・・と半ば興味本位もあり、結局は私も胃カメラを選択しました。

社員1人ずつ別々の日に健診を受けることになっていたので、潔く自らトップバッターを希望!
私が胃カメラ未体験だと知っている同僚からは、「苦しいぞぉ~!涙もヨダレも出るぞっ!」と言われていたので、少しでも胃カメラの飲み方についての情報を入れてから受けようと、前日になってからネットで『胃カメラ コツ』なんてキーワードで検索してみました。
自分の為にも、これから検査を受ける方の為にも、ポイントをまとめておきますね。
・タバコを吸うと、喉の反射が強くなるので、朝からタバコは控えるようにする。(検査の注意事項にも朝から喫煙はダメなことになっている)
・鎮静剤を希望する。
・スプーン1杯程度のドロッとした液体(ノドの麻酔?)を口に入れられたら、なるべくアゴをあげて、喉の奥の方(うがいをするときに届く位置)まで液体が届くようにしておく。
・どのサイトでも書かれていたのは、身体の力をいかに抜けるかがポイントになるということ。
・特に、口を開けた状態で腹式呼吸を上手にできるように練習しておくといい。(息を吐くときは、ハァ~と脱力するように)

・・・ということを頭に入れて、いざ人生初の胃カメラにチャレ~ンジ!
結果的に、やはり情報を頭に入れておいて良かった~♪と思っています。
鼻から入れる胃カメラもある時代ですが、受診した病院では口からのカメラしかありません(鼻からのカメラだと小さくて検査に時間がかかる・・・とナースが言ってましたが)。
しかも、「鎮静剤を使ってもらえませんか?」と聞いてみましたが、どこか異常があり検査時間が長いときは鎮静剤を使用しますが、一般の健診では使用していないとのこと・・・。
もうこうなったら、ハラをくくるしかありません。
とにかく腹式呼吸をしながら、身体の力を抜く!ということを意識しました。
ドロッとした液体も、なるべくノドの奥の方へ・・・。
で、思わず少し飲んでしまいましたが、人体に害は無いとのこと(ニガかった~!)。
ナースに、「私は胃は大丈夫なので、できることなら大腸カメラに変えてもらいたいくらいです・・・」と言ってみたものの、とうとう私の順番が回ってきました。
昔から比べると、カメラも細くなったと言われていますが、蛍光ペンの太さ程度はありました・・・。
カメラの先端が食道を通過していく時は、どうしても苦しくてオエッオエッとなりましたが、涙もハナミズも、ヨダレも出ませんでした(笑)
途中で胃を膨らませるために、空気を入れるらしく、オエッと同時にゲップも出ました。
もうかなり恐ろしい状態です・・・とてもじゃないけど嫁入り前には受けたくない検査ですなぁ。
私の前にカメラをやった年配の女性のときは、物音ひとつしませんでした・・・上手だったんですね~。
でも、バリウムと違って、オエッとなっても出るものが何もない訳ですから、多少気持ちが楽でした(笑)
カメラが入っているときは、かなりゆっくり腹式呼吸を・・・特に息を吸っているときは楽に感じました。
『息を吸うときは、ゆっくり』がいいかもしれません。
カメラを意識すると、オエッとなりやすいので、私は検査が終わったら何食べようかな・・・と考えるようにしてました(笑)
カメラ担当の先生からは、若い方の割に上手でしたよ・・・と言われましたが、暫くは受けたくない検査です。
忘れない内に胃カメラの飲み方ポイントを作成して印刷したものを、これから受診する同僚全員に渡しました。

昨日は、ゆーとの授業参観日だったので、午後一で1時間ほど授業を観てきました。
音楽で、鍵盤ハーモニカの練習をしていましたが、ゆーとを含めて何人もの子が、息を吹き入れる白いホースを口の奥まで突っ込んでいるのを見て、思わず・・・『胃カメラ』を思い出してしまいました。
関連記事
ダイエット・健康・スキンケア | Comments(6) | Trackback(0)
Comment
うう~お疲れ様でした。
検査ってほんとうにつらいですよね。
私は去年、耳鼻科で鼻からカメラをいれましたが
あの瞬間はもうDr.にすべて身を任せてひたすら
力を抜くに限りますね。。

うちの母は胃カメラマスター?で毎年一回は受けてます。
ポリープがあるんで。
なので慣れているのか、いつもサクっとうけてきます。
麻酔みたいなのも使わないそうで。

それからゴッドハンドと呼ばれる先生とかをチェック
しておくとよいそうですよ。
大学病院に行くと大変だとか。。。

ああ検査ってどちらにしても恐ろしいですよね。
こればっかりは医療マニアでもいやだわ。
◆おそうじペコさん◆
コメントありがとうございます~!
そうそう、やっぱマニアなだけに、何事も身をもって体験してみなければ・・・と(笑)チャレ~ンジしてみましたが、大変なこってした。
実は私、結婚前に十二指腸バリウムを体験しているんです。
そのときは、鼻から長い管を入れてバリウムを流し込むというエグイ検査でした。
レントゲン台の上に寝かされて鼻から管を入れましたが、何の知識もなく受けたので、力が入りまくり・・・頭を持ち上げながらオエェェェ~~オエェェェ~~と何度も腹筋状態でした(爆)
先生の腕にもよるみたいですよね~。
でも会社での健診なので、病院は決められちゃってて・・・。
私の母も、ウマイ先生だと、カメラが入ったことすらわからないときがあるって言ってましたわ~。
そんな先生のところなら、毎年受けられるかもしれません(笑)
はじめまして。うおー胃カメラ?24日に人間ドックではじめて胃カメラ・・そうか複式呼吸なのね、おおーやはりおえーとなりますか・・こわーいけどがんばります。
◆nekoさん◆
はじめまして~♪コメントありがとうございます。
やはり、初めて胃カメラですか~!
どんなに麻酔をしても、緊張して身体が硬くなって拒絶してしまうと、大変だと思います。
もうとにかく、ゆったりとした気持ちで、ゆっくり腹式呼吸!これにつきます。
先生に身をまかせるつもりで・・・。
頑張って下さいね♪
∩・∀・)こんにちは~
コメントの件はすいませんでした~
先程、メール返信しました。

胃カメラはまだ飲んだ事ないです。
出来れば一生飲みたくないです。

コアリズムって言うんですか?
この手のには疎いんですが、5センチダウンって凄い効果ですね。
旦那様が素っ裸でってのに、にやっとさせていただきました。
下腹部の脂肪を落とすのは大変なのに、効果があるのが凄いです。
私の場合は下腹部対策に、足上げ腹筋10回1セットを10セット位やっていますが、
コアリズムなら嫁さんと一緒に出来てよさそうです。
嫁さんに勧めてみようかな?

◆筋肉料理人さん◆
コメント・メルありがとうございました~!
了解しました♪

そうですよね・・・できればカメラなんて飲みたくないですよね。
もう少しすると、カプセル型のカメラを口から飲むと遠隔操作で胃や腸が見えるってのも実用化されるのではないかと期待しています。もちろん出口はアチラですけど(笑)

今までいろいろなエクササイズを試してきましたが、コアリズムは、(私的には)かなり有効だと思います。そのかわり、ダックダクに汗もかきます・・・。
でも、ビリーよりはずっと続けやすいですよ~。
全身運動にもなるので、お尻や太もも、背中や二の腕にも効果が出ています。
奥様と一緒に♪いいかもしれませんね~!
毎日ハラの写真を撮ると、モチベーションを維持できると思いますよ~♪(お互いに撮り合うといいかもっ)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。