--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/03/10.Mon

キッチン収納大作戦!Part.5【DIY編】

土曜日は午前中から、うちの子2人+たっくんの友達+その子の弟を連れて、ROUND1に行ってきました。
私たちは2回目でしたが、たっくんのお友達は初めて♪
もう、ちびっ子軍団はハリキリまくり・・・スポッチャ3時間コースで入場しましたが、結局45分延長!
いや~夫も私もいい運動になりました。
子供たちに混じってサッカーやバスケ、バッティングも数回・・・昨日から筋肉痛です。
時間内はゲームもやり放題なので、相変わらず私は、各種シューティングゲームにもハマってました。
女ゴルゴ13になりきりスコープを覗いて撃ちまくり(爆)
中でも今回初挑戦した機関銃タイプのシューティングゲームは、かなりスカッとしますな~♪
銃を所持していると警察はうるさいし、色々面倒だし、射撃に行く暇もないし・・・いっそのこと銃を手放して、ストレス解消したくなったらここに来ればいいかもっ♪なんて、思ったりもしました。
その夜は、Gさんママが来ました。いつまでも出しっぱなしになっている雛人形を見て、いい加減にしたら?と、仕舞うのを手伝ってくれました(笑)助かりました・・・。

さてさて、うちのキッチンは・・・こんな風に対面式になっています。
キッチンカウンター【Before】↓
キッチンカウンターB

キッチンとダイニングとの間は150㎜幅しかなく、お皿をのせようにもスペースが足りません。
一段低くなっているカウンター部分は350㎜ありますが、キッチン側からは当然届きません。
結婚当初は配膳や後片付けに、木製(白木)の大きいトレーを使っていましたが、その内に面倒くさくなってトレーを放置していたら、いつのまにか白カビが・・・ギョッとして処分した覚えがあります。
何年も、キッチンとダイニングテーブルを何往復もしながら生活していました。
いい運動になるけれど、あまりにも面倒だな・・・ということで、数年前よりこのスペースを広げるプランを立てました。
モノは試しとホームセンターでパイン材と、ウッドポールを購入し、カットしてスタンバイ。
以前、作業台兼家電置き場をDIYした際、天板に使ったパイン材に、つや消しのニスを塗りました。
塗りムラは目立たないものの、ツルツルした表面に仕上がらなかったので、汚れが落ちにくい・・・そこで、今回はパイン材にラッカーを塗ってみることにしました。
今回と言っても、実際に塗ったのは2006.7月のこと・・・。(2006.7.21記事参照)
・・・一昨年?
いや~随分と長い間パイン材も放置していたことになりますな~ハッハッハッ←笑ってごまかす
その内にUPしようと、一応撮った写真があるのでUPしとこうかな~ハッハッハッ←更に笑ってごまかす
これを使ってみました。
ラッカー1

パイン材に紙やすりをかけてから塗ります。
ラッカー2

この時、かまぼこ板程度の木に、紙やすりを巻きつけてかけるとやりやすいです。
やすりをかけた際にでる粉を、キレイにしてから塗らないと、仕上がりがボコボコになるので注意が必要です。
ラッカー3

薄めに塗って乾かして、また塗って・・・を繰り返しました。
何回繰り返したのかは、既に記憶から消し去られています(少なくとも、2~3回は繰り返したはず)。
塗った直後はニオイがするので、しばらくの間、使っていない2Fの部屋に放置しました。
しばらくのつもりが、2年近くも放置してしまいました。これは明らかに放置し過ぎです(笑)
片面しか塗っていないせいか、放置し過ぎたせいか、少し歪みが出てしまったような・・・ま、気にしない気にしない♪
昨年、何度か取り付けてみようと、2Fから下ろしてきてチャレンジしかけたものの、ポールの取り付け位置をどうしようか迷っては、また和室に放置していました。
数週間前より、この大きさ(1260㎜×490㎜)だと、どんな感じなのかなぁ~と、試しにしばらく使ってみることにしました。
こんな感じ・・・(一応角はヤスリで丸めました)
カウンター1

使ってみて不具合があれば、木材をカットすれば調整可能だし・・・と、とりあえず天板の下にポールを置いて(ビス止めはせずに)生活すること数週間・・・。
10年近く身についてしまったクセはなかなか抜けないもので、初めはついついお皿を持ってダイニングテーブルまで往復してしまうこともありましたが、使い慣れるとこの上なく快適です。
家族4人分のお皿を置くことができるし、後片付けもこのカウンター上にどんどん置いて、キッチン側から引き上げることができるようになったので、以前より多少後片付けの腰が上がりやすくなりました。
ビス止めしていないポールがグラグラして、かなりデンジャラス~♪
心臓に悪いので、とっととビス止めすることにしました。
ナットが埋め込まれているウッドポール(←割高なんです)だと、専用のボルトや座金で天板に取り付けることができますが、私はバーゲンの長いウッドポールを購入してカットしただけなので、どうにかしてこれを天板に固定しなければなりません。
天板の表面になるべく穴を開けたくなかったので、こんな方法でポールを取り付けました。
カウンター2

カウンター3

予め、ポールに一文字金具を取り付けます。
カウンター4

天板に合わせて、ビス穴の位置に目印をつけます。
カウンター5

6年近く前、DIYにチャレンジする際、初めて購入したのが白い方の電動ドリルです。
クラッチ機能(締め過ぎてネジ頭をつぶさないようにする機能)が、ついていない安いタイプだったので、いくつもネジ頭をつぶしてしまいエライ目にあいました。
そこで、改めて夫から赤い方のクラッチ機能付電動ドリルを(誕生日かクリスマス)プレゼントしてもらいました。
カウンター6

ビス穴の目印部分にドリルで穴を開けてから、ビス止めするとうまくいきます。
ドリル径も100均でいろいろなタイプが販売されているので、何種類か用意しています。
カウンター7

いちいちドリルとドライバーを取り替えるのが面倒なので、2個あると結構便利です。
天板裏とポールにダボ穴をあけて、木ダボ+木工用ボンドを使う方法もあるな~と思いましたが、面倒だったのでやめました・・・。
カウンター8

以前、別の金具を取り付けた際、ドリル径が小さかったせいなのか、穴が浅すぎたのか、材料がこんな風に割れてしまったことがありました。
そこで今回は、ドリル径を大きくし、慎重に深く穴を開けました。
何事も経験ですな~♪

キッチンカウンター【After】↓(天板の下にはいずれカゴ等を置く予定です)
キッチンカウンターA

こんな感じで、とっても広くなりました~♪
ただ、ダイニング側の手前にモノを置くと、キッチン側から取りづらいので、もう少し奥行きが狭くてもいいかな~と思っています。
調味料を置くスペース等を考慮して、後々手を加えていく予定なので、しばらくはこのまま使いたいと思います。(再来年にならないように気をつけます・・・笑)
またまたPart.6へ続きます・・・
関連記事
整理・収納・DIY | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
大変ごぶさたです。

っていうか、すごくきれい!
日曜大工、感心します。

たしかにキッチンは毎日使うところだから、狭いとストレスですよね。
今気分転換に引っ越しをしようかと考えており、テレビボードとか購入を考えていたのですが、

私もテレビボードとか作ってみようかなー。
◆ジュディさん◆
コメントありがとうございます~!
時間が許されるのなら、いろいろ手をかけたいところがいっぱいあるんですけどね・・・。
DIYのいいところは、自分の思うようにピッタリサイズにできるところ♪
後から手を加えたり、別なものに変身させたりできるしね~。
ぜひジュディさんもチャレンジしてみて。
でも、引越しするなら、その間取りに合わせた方がいいかもね・・・。
すごいですね♪
おはようございます♪
DIYで、こんなに本格的なキッチンカウンターを
増築できるなんて、すごいですね♪

DIY出来ない私は・・・・只々、感動です!
とても、使いやすそうになりましたね♪

ところで・・・射撃されるんですか???
すごい、カッコイイですね!
ラウンド1のシューティングゲーム・・・とっても面白そう。

また、遊びに来ます♪

◆ウシ子さん◆
コメントありがとうございます~♪
お陰で、キッチン⇔ダイニングの往復が激減したのは確かですが、ちょっと圧迫感があるような気もします。
でも、背にハラはかえられません(笑)
少しずつ改善していこうと思っているところです。(できれば年内に・・・)

10年以上前から銃は所持していますが、子供ができると、なかなか射場に行くのも難しいんです・・・。
ウシ子さんも、今のうちにやりたいことはどんどんチャレンジした方がいいですよ~♪
ラウンド1は、楽しいです~!かなりストレス発散できますよ♪

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。