--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/01/30.Wed

必読!応急手当の知識

昨日会社で、いきなり社長が倒れました。
トイレに行こうと歩いていたところ、ドアの前でハナヘナホナ~という感じで倒れたようです。
たまたま通りがかった私がかけよると、顔色が青く、いきむような、えずくような感じでうなりながら苦しそうに何とか呼吸をしていました。
目は開いていましたが、話ができないような状態・・・。
心臓かも・・・と思い、「救急車呼んで~!!!」と声をかけ、まず気道を確保しやすい体勢を取らせて、ネクタイやYシャツのボタンを外し、ズボンのベルトも緩めました。
昨晩は、町内会の集まりで飲みすぎた・・・という話も聞いていたので、嘔吐するかも・・・とも思い、とにかく目を離さないようにしていました。
心臓が止まったら心肺蘇生をやらなくちゃダメだな・・・15:2だったっけ・・・と遠い記憶を呼び起こしながら様子を見ていました。
結局、消防署と他の社員が電話でやりとりしている間に、ムクッと起き上がり「大丈夫だ・・・」といいながら、自らソファのところまでよろよろと歩いていきました。(救急車はキャンセルしました)
何がどうなってんの・・・って感じでしたが、よくよく聞くと、トイレに行こうと歩いていたら、めまいがして倒れ、その後気持ちが悪くなったとか・・・。
脳の関係だったら大変だから病院に行った方がいいと勧めましたが、飲みすぎたせいだから大丈夫だと言うことをききません。
結局は、少しソファで休み落ち着いたところで早退しました。
送ってもらった方がいいのでは・・・とも勧めましたが、大丈夫だと・・・。
いや、ビックリしました~!
以前記事に書きましたが、(2007.3.4記事参照)数年前に地元で、救命講習を受けたことがあります。
こういう場合、慌てないようにすることが大切です・・・が、やっぱり慌てますな。
応急処置ができないくらい狭い場所(トイレや浴槽内など)だった場合、慌ててその場で何とかしようと思いがちですが、まずは広い場所までひっぱり出してから、処置をした方がいいという話には頷いた覚えがあります。
一家に1人、救命病棟24時の進藤先生がいてくれたら・・・と真剣に思っています。
これもいい機会だな~と思い、応急手当についてネット検索してみました。
AED(電源を入れ、音声メッセージに従って操作し、コンピュータ作動によって自動的に心電図を判読して、必要な場合のみ電気ショックによる除細動を指示する簡単で確実に操作できる機器)を使用できるようになった等、時代の変化に合わせて少々変更になっている部分もありました。
心肺蘇生も、人工呼吸を2回した後、圧迫を15回すると教えられていましたが、圧迫は絶え間なく行われている方がいいとのことで、30回に変更になっているようです。
詳しくは、総務省消防庁のHP内左下の『応急処置マニュアル』応急手当の基礎知識応急手当の基礎実技をご覧下さい。(救命講習の際に使用する教本の一部と同じだと思います)
図で解説してあるので、是非一度目を通しておくといいと思います。
その他、日本赤十字社の『とっさの手当・予防』のページや、神戸市の『とっさのときの救急知識のページ』もわかりやすいな~と思いながら見ました。
もし心臓だった場合、意識があるときには、上半身を起こして寄りかかる姿勢をとらせていた方がいいんだということを知りました。
頭の片隅に少しでも残っていると、いざというときに、知らないよりは慌てずに対処できますね。
大切な人を守るためにも・・・必読です!
関連記事
ダイエット・健康・スキンケア | Comments(5) | Trackback(2)
Comment
社長さんお大事に。。。
今日はもう大丈夫でしたか?
めまいも三判神経からくるものもあれば
脳からくるものもあるので怖いですよね。

それにしても、ちゃこさん格好いいじゃないの。
気道確保だなんて専門的だわ。
私も医療マニアばかりではなく
少しは救急の知識をつけたいと思います。
地元でそういう講習会があったら是非受けたいわ。

もちろん進藤先生の個人レッスンで。
本当に脳だったらまずいから
病院に行かれた方がよかったのに…!
心配です。

うちの祖母もスーパーでいきなりふらふらして
その後大丈夫だと言ってきかないけど
無理に病院に連れて行ったら
軽い脳こうそくだったそうで
まさに一命をとりとめた感じでした。

社長さん、大丈夫なのでしょうか?
コメントありがとうございます~!
本日彼は、何事もなかったように、普通に出社しております。
私を含めて、何人かの社員が朝「大丈夫ですか?」と声をかけましたが、「大丈夫だ・・・」の一言。
ねぇ~おっさん、普通はさぁ~「昨日は世話かけたね・・・」とか、言うのが普通じゃねぇの?って、木下優樹菜の口調で言いたいところでしたが、ぐっと堪えました・・・。
この社長、過去にも登場したことがありますが、ホントに温かみのかけらもない人でして・・・どうしても好きになれない人種です。

◆おそうじペコさん◆
まさに、ERの話題は、リアルタイムな話となっていたのでした(笑)
そうなんですよね。めまいにも、いろいろあるんですよね・・・。
それにしても、誰が人工呼吸するわけ~?って感じです。
一応サイフの中には講習時にもらった感染防止用のシートを入れてあるのですが・・・じゃないと、おっさんに人工呼吸なんてしたくないですもの(爆)
私の地元では、ある程度人数が集まれば、個別に救命講習を行ってくれることになっています。
お近くの消防署に問い合わせてみるといいかもしれません。
知識として読んだり見たりすることも大切ですが、実際にマネキンを使って心肺蘇生をやってみると、また違うもんですよ~!
あ~私も、進藤先生からマンツーマンでレクチャーを受けたいわ~♪

◆なほさん◆
おっさん社長ではなく、私の身内であれば、引きずってでも病院へつれて行くところですが・・・。
一応(笑)妻も子もいる方ですので、これ以上は立ち入らないことにします。
それにしても、また会社でぶっ倒れないことを祈る限りです。
おばあさま、大事に至らなくて良かったですね~。
私の母も脳梗塞の危険があると言われているんです・・・。
一応定期的に検査は受けていますが、気をつけたいと思います。
実際にできるか?ですよね
社長さん、人の話も聴けばいいのにねぇ。
酒で脱水症状を起こし、血液の粘土が増すと、脳梗塞を起こしやすくなるっていいますよねぇ。
隠れ脳梗塞?

それにしても、救命講習をそのまま実践で活かせるなんて、ちゃこさんさすがです。
私は池袋防災館まで行って講習を受けたけど、心臓マッサージって、思ったより力がいるんだってことしか覚えてません。
いざというとき使えないと意味ないよねぇ~。
反省反省・・・早速、ちゃこさんおすすめの応急処置のページをブックマークしました。
◆ottoさん◆
コメントありがとうございます~♪
まぁ~なんせ、人の話を聞かないおっさんで、困ったもんです。

そうなんですよっ!こういう場面に遭遇すると、なかなかねぇ~難しいものがあります。
しかも、これが大事な身内だったら、もっと慌てるかも・・・。
今回は、おっさんだった(爆)ので、比較的冷静に対処できたのかもしれません。
応急処置のページを読み直して、もしあの場で人工呼吸したとしても、きっと鼻の穴をふさぐのを忘れていただろうな~と思いました。
圧迫する場所も、以前よりわかりやすくなっていますよね。
そうそう、結構力を入れて圧迫しないとダメですもんね~。
おっさんのお陰で、復習するいい機会になったな~♪と、地味に感謝しています(笑)
ずいぶん、おっさんを連発してしまった・・・密かにストレス解消してます(爆)
AEDのこともあるので、もう一度講習受けたいな~なんて本気で思っています。

管理者のみに表示
Trackback
ついに救命講習(無料3時間)を受けてきました。 消防長認定の「普通救命講習終了証」までいただきました。 ま、人に見せることもないでしょ...
AED に関する検索結果をマッシュアップして1ページにまとめておきます…

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。