--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/05/10.Wed

今は・・・

今日は、朝から火葬してまいりました。
横になると1mはあったラー様の身体も、小さな骨壷の中に入ってしまいました。
生前よく『ラッキーは、かすがい』と私は言っていたのです。
もともとラー様は、結婚前に夫が私の反対を押し切り勝手に連れてきた犬でした。
しかも、一番最後に残っていた犬だったそうです。
でも、もう見たとたん即決したそうな・・・これも不思議な縁なのでしょうね。
正直なところ、もしラー様がいなければ夫と結婚していなかったかもしれません・・・。
この人と結婚するのはやめよう!と思ったことも幾度となくありましたが、ラー様と離れることができず・・・結局現在に至っています。
たっくん(長男)や、ゆーとにも「ラーちゃんのお陰で、あなた達はこの世に生まれてきたんだよ~」なんて冗談まじりで言っていました。
そのくらいラー様は、私の人生を大きく左右した存在でした。
もうボクがいなくても大丈夫・・・と思ったのでしょうか。

昨日は、帰宅した子供達がどういう反応をするのか、この目で見届けたいと思っていましたが、ある程度落ち着いてから、私は出社することになり、後になってから夫より状況を聞きました。
まず、たっくんが何も知らずに学校から帰ってきたところに、夫から話しをすると「ラッキー死んじゃったんだ・・・」と言ってウルウルしながらも、ちゃんとサッカー少年団の練習に向かったそうです。
たっくんは、ラー様が苦しんでいるとき、泣きながら神棚に手を合わせて一生懸命お願いしてくれていました。
そして、ライバルのゆーとは、夫の母が保育園まで迎えに行ってくれたのですが、あえて何も伝えなかったらしく・・・帰宅するとラー様が子供用のふとんに枕をして横になっているのを見て「ラッキー寝てるんだ~!」と言ったそうな・・・。
死んじゃったんだよ・・・と言うと、少し経ってから嗚咽して泣いていたそうです。
夜も、たくさんの方が花を持ってきてくれたり、ラー様が好きだった食べ物を持ってきてくれました。
夫の父と弟からは香典まで・・・。
ラー様通夜

子供達も、自分のおやつのカゴを取り出してラー様の枕元にお供えしていました。
「ラッキーの人徳だねぇ~」と夫が言ったので、「犬徳でしょ?」と思わず突っ込んでしまいましたが・・・。
来客時はあえて明るくふるまっていたように見えた子供達でしたが、皆が帰った後・・・たっくんは号泣していました。
今まで張り詰めていたものがプッツリ切れてしまったのでしょうね。
ゆーとは「男は泣いたらダメなんだよ~」なんて、自分に言い聞かせるように言うので、私は「悲しいときは男でも泣いていいんだよ~ガマンすると身体に悪いから・・・」と言うと、「そうなんだぁ~」と言っていました。
今日の火葬には、子供たち2人とも連れて行きたいと思っていましたが、たっくんは学校の遠足だったので残念ですが諦めました。
釜に入れる前のお別れのときは、さすがのゆーとも泣いていました。
そして無事お骨も拾った後、帰りに立ち寄った花屋さんに犬がいたのです。
近くで見ていたのですが、急に嗚咽をしながら泣き始めたゆーと・・・
「ラーちゃんの事、思い出しちゃったのかい?」と聞くと頷きながら泣いていました。
本当にゆーとはよくラー様と遊んでいましたから・・・たった4年半しか一緒に生活していませんでしたが、たくさんの思い出ができたと思います。
子供達には「しばらくは、たくさんラーちゃんの思い出話してあげようね~。そうすることが一番ラーちゃんの喜ぶことだから・・・」と言って聞かせています。

私は、脱力感とでも言うのでしょうか・・・心にぽっかりと穴が開いてしまっています。
受け入れることができないんですよ。
あまり泣くとラー様も悲しむな~と思いながらも、何をしていても涙が次から次へと溢れてきます。
夫の母は「お母さんにとっては(私のこと)子供が一人死んでしまったのと同じようなものだもんねぇ~」と・・・ホントにそんな思いです。
キッチンで料理をしていても、いつも「何かくれっ!」と言わんばかりに床で伏せをして待っている姿・・・、テーブルから食器を下げる時も「つまずいて転ぶってば!」と言ってしまうほど、一緒に行ったり来たりする姿・・・。
トイレまでついてきて、ドアノブを開けて中まで入ってきたり、ドアの前で伏せをして待っていることも・・・お風呂に入ると、バスマットの上で丸くなって寝ているし・・・。
「介護犬のつもりなのかい?まだ介護はいりませんから~♪」なんて言っていたくらいでした。
覚悟をする時間をもらいましたが、20日足らずで食いしん坊で元気過ぎるくらいだったラー様の姿が存在しなくなる・・・というのは、受け入れろという方が難しい。
このブログでも、ラー様はもっと楽しい話題で登場する予定だったのです。
特にさくらんぼを食べると種だけ出す・・・というのは是非UPしたい特技でしたが、それもお見せできなくなってしまいました。
ビデオでは録画してあるので『さんまのからくりTV』にでも送ってみようかな・・・。
今は、泣くしかないですよね・・・ラーちゃん勘弁してねっ♪
関連記事
愛犬ラッキー | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。