--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/05/09.Tue

逝ってしまいました・・・

昨日は、会社からまっすぐ病院に迎えにいくと・・・もう唇は片方垂れていて、舌も出ていました。
ラッキーと声をかけても黄疸のせいで黄色くなった白目のままでほとんど反応がありません。
思わず「ラーちゃんお家に帰ろう」と泣きながら連発してました。
もう、こんな狭い所には入れない!と思わずにいられませんでした。
オシッコも自分では出すことができなかった為、抜く処置をしてくれたそうです。
帰宅後は、病院にいるときよりは意識もハッキリしていましたが、かなり痛がり身の置き場がない様子。ホントに見ていて辛かった・・・。
夫がどうしてもはずせない仕事で20時頃帰宅予定だったので、何とかそれまで持って欲しいと祈る思いでした。
ラー様にも「もう少しでお父さん帰ってくるからねっ!待っててよっ!」と言うと、それまでリビングにいたのですが、立てない身体を前足でひきずりながら玄関まで移動していました。
ホント言葉が分かるのですよ・・・その後、夫にも無事に会うことができました。
横になって枕をして寝るのがお約束だったラー様なのに・・・腹水がたまってきた頃からは、横になることすらできませんでした。
ず~っと伏せのポーズをして過ごしていたことと、移動のたびにゴトンと床に前足の関節をぶつけていたせいで、床ずれのようになっていました。
包帯でも巻こうかと思いましたが、ゆーとの小さくなった靴下の指先部分をカットしてサポーターのようにしてつけてみました。
痛みも落ち着いたのか、それともマヒしてきたのか・・・多少呼吸が荒くなることもありましたが、前の夜よりは眠れたようです。
私もへたに興奮させると息が荒くなるので、黙って寝顔を眺めて過ごしました・・・。
口に出して言わないまでも、夫はもう楽にしてやりたい・・・という気持ちでいる事が、私にはひしひしと伝わっていました。
私も迷いましたが、ラー様が生きたいと思って心臓を動かしている以上、私たちの手でそれを阻むことはできないと夫には伝えました。
安楽死・・・賛否両論があると思います。
実は、私が小学生の頃から飼っていた犬はフィラリアになってしまい、(その当時は今ほど認識されていなかったのです・・・)呼吸困難になる発作を繰り返しました。
目が飛び出るのではないかと思う程苦しがり、舌もチアノーゼで紫色になり、肛門からも便が出てしまうほど苦しい発作を繰り返していたのです。
獣医さんにも、年齢も年齢ですし(当時14歳でした)もって2~3日です・・・抱いてあげながら苦しまずに逝かせてあげた方が・・・と勧められ、誰もいない日中に一人発作で逝かせるよりは・・・と安楽死を選択したのでした。
何がいいのか、難しい問題です。
でも、これは悪までも飼い主のエゴでしかないのかもしれないと思うようになっていました。
苦しむところを見たくないというだけの事なのかもしれないと・・・。
どんなことがあっても最期まで見届けてあげなければならないのかもしれないと思いました。
ただ、治療の方法もなく、いたずらにこれ以上苦しませることはしたくない・・・とも思っていました。
でも頑張っている以上、できるだけのことはしてあげたい、でもあのカゴに入れての点滴は避けたい・・・。
今日は朝から獣医さんに交渉して、病院でオシッコを抜いてもらった後、点滴もセットして自宅で過ごすことができるようにしてもらいました。快く了解してくれたことに感謝しています。
私は明日、有給休暇を取る形にして、今日は夫が看病してくれることに・・・。
朝家を出る前、比較的落ち着いているラー様の顔を両手で挟んで「お母さんお仕事行ってくるからねっ!帰ってくるまで待っててよっ!!」と目を見て言うと、ラー様もしっかり私の目を見ていました。
玄関に行くまでず~っと私の目を見ていたのです。ドアを閉めるまでず~っと・・・。
何だかドアを閉めるのがイヤな気持ちでした。
とてつもなく寂しい思いがよぎりました・・・これでホントのお別れのような気がして・・・。
泣きながら会社へ向かいました。
社長に事情を話し、明日犬を病院に連れて行きたいので・・・と有給を請求すると
「犬まで面倒みないとダメなのかい、誰かに頼めないのかい」だそうな。
「夫も私も働いています。11年近くも一緒に暮らしてきた犬ですから、家族同然です!見殺しにはできないですから!」と言わせてもらいました。

イヤな予感は的中するものです。
AM10:50点滴をセットしてもらうために病院に行っていた夫から「病院に来れないか!」と電話が入りました。
もう息が止まったとのこと。
その後、看護婦さんは心臓マッサージ、獣医さんは注射をしたり酸素マスクをしたり手を尽くしてくれたそうです。
・・・が、私が到着したときは既に逝ってしまった後でした。
やっぱり朝のあの目は、私へのお別れの目だったのですね。
ホントに忘れられない目です。
「よく頑張ったねぇ~えらかったねぇ~」と声を掛けました。
横になっている姿を見て「やっと横になれたねぇ~」と思わず言ってしまいました。
家に連れて帰り「今度生まれてくるときは、ホントにお母さんの子供として生まれておいでよ~」と言いながら、口と肛門に詰め物をしました。
よく見ると口の中も黄疸でまっ黄色でした・・・辛かったでしょうね。
今は枕をして・・・まるで寝ているようです。ホントに安らかな顔をしています。

昨日の夜、皆が寝静まってから、江原さんの本をひっぱり出してみました。
安楽死についてやはりオススメはしていませんでした。
愛情をたくさん受けた犬の魂は、人間に生まれてくることもあると書いてありました。
現世では無理だとしても、来世ではお母さんのホントの子供として生まれておいでよ~と昨日も話しておきました。
未だに信じられません。進行が早すぎです・・・。
あまりにも思い出が多すぎて、何を見てもラー様のことを思い出す日々が続くと思います。
四十九日までは、どっぷり思い出に浸るつもりです。
それからは、早くいくべきところに行けるようにしてあげたいと思っています。
ラー様にとっては、かなり辛い時間となってしまいましたが、皆に覚悟をさせる為の時間をくれたのだと思います。
私もたくさん、たくさん伝えました・・・その時間をもらったから・・・。
また会おうねと約束しているから大丈夫!きっとまた会えると信じています。
関連記事
愛犬ラッキー | Comments(6) | Trackback(0)
Comment
こんばんは
三毛猫です。

ちゃこさん、素敵なワンちゃんを飼われましたね。
病気について・安楽死について・・しっかりと考える時間をくれた
ラー様の最期の目はちゃこさんへのお礼だったと思います。
ブログの記事から家族のみんながラー様をどれだけ大切に
されてたか伝わってきます。

ハゲ親父はそういう人です。残念ながら世間にはそれが常識
ですね。私もそういう人の言葉で随分悲しい思いをしました。
付き合わなくなった人もいます。でも後悔はしていません。

安楽死ですが、私は反対はしません。私は父の人工呼吸器を
外したんです。もう治る見込みのない父をこれ以上苦しめたくなくて。苦しむ姿を見たくないわけじゃないんですよ。苦しめたくないんです。ちょっとうまく言えないけど。

今の医療は心臓さえ薬で動かせます。どこかで家族が見切りを
つけなくちゃいけない。私が父にした行為は私自身が一生背負って死んでいこうと思っています。父を殺したのは自分だと今でも思ってるんですよ(*^ ー^*)

ラー様が人間に生まれ変わるかどうかは私にはわかりません。
でも縁のある不思議な出会いは必ずあります。
私の場合それからだいぶしてから突然一匹の猫が家に入って
来ました。チビとは似ても似つかぬ不細工な子です(笑)
今一緒にいますよ~~。
◆三毛猫さん◆
コメントありがとうございます。
今日の朝、火葬してまいりました。
そして、今は出社しております・・・。
皆出張で、会社が空になってしまうので・・・。
ホントは出社どころじゃない気分ですが、誰もいないのでまだ少し気持ちが楽です。

世の中にはハゲオヤジのような人が多いのですね。
もう精神状態ギリギリの時に、あんなこと言われるとキツ~を通り越してしまいました。
でも、こればかりはペットを飼ったことのない人にはわからない気持ちなのかもしれませんし、ペットがいたとしてもかかわり度合いよって人様々なのかもしれませんね。

安楽死についてですが・・・
私の母も延命措置はとらないでほしいと、今から言っています。
また、きちんと文字としても記して用意しているようです。
私自身も、ただ機械によって生かされているという状態は望みません。
うちのラー様の場合、まだ意識もあり不自由ながらも自分で体を動かせる状態でしたし『もういいよ・・・お母さん』という顔にはどうしても見えなかったのです。
何とか治したい!という気持ち、まだ生きたい!どうしちゃったんだろう・・・と思っているのではないかと感じてしまいました。
にもかかわらず、私たちの手で・・・ということには、どうしても抵抗がありました。
できることなら、楽にしてあげたいと真剣に悩みました。
逝ってしまう前夜、夫とその話しをしていたのを、ラー様は聞いていたのかもしれません。
私は、夜中に江原さんの本を読んだ後、ラー様とちょっと離れた場所に線香をたてて手を合わせてお願いしました。
どうかこれ以上苦しまない内にお迎えにきて下さいと・・・。
まだまだ一緒にいたいけれど、これ以上苦しめたくないという思いで胸がはちきれそうでした。
あくまでも、ペットに関してはその子のことを一番よくわかっている飼い主の感じ方・考え方次第なのかもしれませんね。
三毛猫さんの背負っているもの・・・私も同じ立場になってみなければ、わからないというのが本音です。
でも、きっと私しかいなければ、三毛猫さんと同じように背負いながら生きることを決断するかもしれません。

私も不思議な出会いを楽しみに待ちます。
びっくりしました。ブログを読んでいて愛情がひしひしと
伝わってきてましたので、心配しておりました。非常に残念です

安楽死のことについては、人それぞれ考えがると思いますが
私もあまりオススメはしないと思います
人間であれば理解できる分、その選択もアリだと思いますが
動物は本能の生き物です。生に対する行動が人間と根本的に違うと思うからです。
自ら命を絶つ生き物は人間だけなのです。望むとは思えません
心痛いと思いますが、見守ってやるのも愛情ではないかと
思います

逝くべきところへ逝かせてあげる
非常に重要なことですよね。是非そうしてあげて下さい
そして会いたいときは想えばいいと思います。
心の中で会えるはずです
実際に会えないとダメになるのは恋までです
実際に会えなくても、想い続けることができるのが愛情ですから
偉そうなこといってすみませんでした

ラッキーのご冥福を心よりお祈りいたします
◆どっぽさん◆
コメントありがとうございます。
ずっしりと心に響きました。

>自ら命を絶つ生き物は人間だけなのです。望むとは思えません

人間だけですね・・・全くその通りかもしれません。
でも愛するものが苦しむのを見守るというのは、本当に目を背けたくなるほど辛いものがあります。
私も息が苦しくなる程でした。
できることなら、眠るように逝かせてあげたいと思ってしまいました。
そう思いながらも野生の動物は、ただ、ただ、こうしてじぃ~としているしかないのだろうなぁ~なんてことも考えたりしました。

そうですね・・・心で想い続けることにします。
きっと江原さんにはラーちゃんの姿が見えると思うよ~なんて、子供達には話していました。
私も姿までは見えなくても、ラー様の歩く音や、ツメでドアをかっちゃく音なんかが聞こえるかもなぁ~♪音だけでも聞きたいな~♪なんてちょっと思ってしまいます・・・。
こんにちは。久々に遊びに来たところ、こんなことになっていたなんて・・・
本当に悲しいですね。でもきっとラー様は天国で皆さんを見守ってくれると思います。またいつかきっと会える。そんな気がします。どうかお気を落とさぬよう・・・良い家族に恵まれて本当に良かったと思います。
◆ジュディーさん◆
コメントありがとうございます。
お元気かしら~?と少々心配しておりました。

寂しくなってしまいました・・・。
悲しいかな失ってからいろいろなことに気づくものですね。
これも、ひとつの経験ですね。
でもホントに、いつかまた会える!と信じています。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。