--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2007/12/03.Mon

刺繍糸の収納

いよいよ12月に突入しましたね~!
昨日も1日、キッチンを行ったり来たりして、パントマイム状態でブツブツ言いながら、収納プランを考えていました。
年内に大掃除もしながら、キッチンが落ち着くのか不安になってきています。
しかも、金曜日の夜、あーちゃん宅で子供達とビーチボールでバレーをして遊んでいたところ、和室の鴨居に指を強打し、つき指をしてしまいました。
つき指をすると、昔は引っ張ればいいと聞かされていたような気もしますが、決して引っ張ってはいけません。ひたすら冷やすことです。
それにしても、相手がボールではなく、木でつき指・・・かなり痛いです。うまくタオルが絞れません。
これから大掃除だというのに、どうしたものか・・・掃除はしなくていいというお告げでしょうか(笑)

さてさて、たっくんの小学校では毎年、学校祭のような催しがあります。
今年は景品に、ミサンガを100本用意することになったらしく、女子とたっくんの2人で手分けして編むことになったとのこと。
たっくんは、少し前から、すっかりミサンガ編みにとりつかれていたので、きっと率先して作る側に回ったことと思います。
それにしても、1人50本とは・・・。
お母さんも手伝ってね~!と言われ、昨日は夕方から、もくもくと編み続けました。
といっても、刺繍糸を三つ編みするだけなんですけどねっ(笑)
洗濯ばさみを利用し、糸を固定すると編みやすいです。
途中からゆーとも加わり、ちょっと不恰好にはなりましたが、ちゃんと三つ編みになっています。
誰に教えてもらったの?と聞くと、兄ちゃんがやっているのを見て覚えたとのこと。
なかなか才能があるかもしれません。
将来は、ニットの貴公子『広瀬光治さん』のようになるかしら~?(実は私、昔から広瀬さんのファンだったりします・・・笑)
編んでいる間は、とっても静か・・・いや~こんなに静かになるなら、100mぐらいのミサンガ編みにでも挑戦してもらいたいものです(爆)

結局、昨日の内に50本完成しました!
20071203113025.jpg

↑50本中の一部です・・・
以前から、刺繍糸の収納をご紹介しようと思っていたので、どさくさに紛れてUPします。
ちょっとした厚紙(よく男性肌着や、子供肌着の中に入っているような厚紙)を2つ折にしたもの(多少厚みがあった方が巻きやすいです)をカットして、刺繍糸を巻きつけてしまいます。
糸が取れてこないよう、挟むための切り込みを入れておくと、収まりがいいです。
20071203133521.jpg

使わなくなったビデオケースの上部をカットして、高さを調整したものに入れるだけ♪20071203113037.jpg

これで、他の色と絡まってイラっとすることもないし、選びやすくなります~!
こんなことでもない限り、なかなか刺繍糸なんて使わない生活をしていますが・・・(笑)
その内に、たっくんがフェルトでマスコットを作る!とか言い出さないか、ドキドキしています。(私も小学生の頃、リリアンを作ったり、フェルトでマスコットを作ったりすることにハマっていたので・・・)
男だから、女だからと言うつもりは毛頭ないので、料理でも手芸でも興味を持ったことには、できる限りチャレンジさせたいと思っています。
関連記事
整理・収納・DIY | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。