--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/05/08.Mon

ラー様頑張ってます!

昨日は、少しでも元気になっていることを願いながら夕方ラー様を迎えに行きました・・・が、ほぼ1日中ハナを鳴らしていたとのこと。
痛み止めを点滴の中に入れたり、直接注射したりしてくれたようですが、一時は痛みから解放されて眠るようですが、その後また鳴き始めるという繰り返しだったらしいのです。
先生から採血の結果を聞きましたが、白血球は89100まで上がってしまいました。
膵臓の数値はさほどではないけれど、やはり肝臓の数値はかなり異常値で、腎臓の数値も異常値でした。
「この数日間、抗生剤をこれだけ投与してもこの数値ということは、やはり癌だと思います。ただ、どこの癌かということを確定できなければ、抗がん剤も投与できないし、どこの癌かを確定するための検査をすること自体もラッキーちゃんにとってはツライ状態です。もう今日にでも目を落としても不思議ではないです」と言われました。
特にレトリバー系は癌が多いとのこと。
私も、ガマンしきれず泣きながら「これがラッキーの寿命ならば、少しでも苦しまないようにして逝かせてやりたいと夫も私も思っています」と伝えました。
病院を出る前に、痛み止めの注射を打ってくれましたが長くは効かないので、夜中ずーっと鳴き続けるかもしれません・・・とのこと。
お家へ帰ろうね・・・と言いながら、もう自力では立つことのできないラー様を抱いて車に乗せました。
車の中で、子供達と一緒に泣きました。
家で待っていた夫は、「ラッキーもう頑張らなくてもいいよ・・・疲れたでしょう」とラッキーを撫でながら言っていました。
ホントに夫にとっても私にとっても子供と同様の存在なのです。
私も、ラー様に伝えたいことは全て伝えました。
そして、お母さんはラーちゃんの味方だから、ラーちゃんのいいようにしていいんだよ・・・ということも・・・。
こんなに泣いたのは、祖母が亡くなって以来かもしれません。
夜中も痛みが襲うのか、やはり鳴いていました。
どうしてやることもできず・・・ただ声をかけながら撫でてやることしかできませんでした。
それでも頑張り続けているラー様・・・。
昨日、点滴をしている部屋まで入りましたが、狭いカゴの中に体を丸くして入っていました。
それを見ただけに、今日も点滴に連れて行くべきかどうか悩みました。
こんな状態になってからというもの、伏せをした状態が一番楽な様子・・・狭いカゴに入れて点滴をするべきか、点滴をするのはやめて、このまま家にいさせてやった方がいいのではないか・・・と。
でも頑張っている以上、少しでも痛みから救ってやった方がいいのかもしれないと思い、今日も病院です。

私は、スピリチュアルな世界というのはアリだと思っています。
なので江原啓之さんのことは大好きです。
こういう世界って、ちょっとコワイと思える部分があるものですが、江原さんが説くと不思議と怖さがなく、とても温かさを感じます。
そして、妙に納得してしまう私です。
今から6年くらい前だと思うのですが、上沼恵美子が司会の『快傑えみちゃんねる』に江原さんが出ていて、この人スゴイ・・・と思ったことがきっかけでした。
それから少し経って、今までの人生で最大のピンチを迎えたことがありました。
その時、ふと江原さんのことを思い出し本を読みまくったのです。
以来、かなり厳しい状況に追いやられても、何事も必然で、自分にとっては必要な経験なのだと思うと、切り抜けられるようになりました。
こうして考えると、先月どんなブログにしようかという方向も定まらず、何故かブログを始めなければならない・・・という気持ちになったのには、意味があったのだと思うのです。
きっとラー様のことなんですね・・・。
考えてみれば、今年に入ってからというもの、やたらとラー様の写真もとりまくっていたような気がします。
ムシの知らせというやつでしょうか・・・。
つい先日まで元気で健康そのものだったのに・・・何が何だかわからないというくらい本当に辛いです。
人間が60年、70年かけて歩む人生を、犬は15年足らずで歩んでしまう・・・ということは、病気の進行も人間よりずっと早いらしいのです。
今行っている動物病院では、健康でも年に2回は血液検査をすることを勧めているそうです。
ちゃんと採血結果や尿検査のデータも一覧にして渡してくれます。
こうすると経過観察しやすいですよね・・・と言っていました。
私は、もっと前に採血をしていたら・・・もっと前に・・・という思いが拭い去れないでいます。
このブログをご覧になっている方の中にも、ペットを飼われている方がいらっしゃると思います。
こうしてラー様のことを通じて、1人でも多くの方に読んでもらって、ラー様と同じようなことがないようにして欲しいという思いで一杯です。
これをきっかけにして、一つの命でも救う手助けができれば幸いです・・・。

今晩、またラー様と一緒にいられたらうれしいな・・・。
関連記事
愛犬ラッキー | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
掲示板に書き込みありがとうございました☆
近藤典子先生は私も崇拝してます(*^ ー^*)なんせ余計なものを足さないじゃないですか。それがいい。普通靴を整理するときって主婦は新しい靴箱を買うことを考えますよね?これだったらすっきり入るって。でも彼女は既存の靴箱をちょこちょこっとアレンジして玄関に散らばった靴を見事に収納する。で、出しやすい。ここがポイントです。片付けちゃっても使えなかったら意味がない。彼女は使えるように収納するプロだと思っています(*^ ー^*)

ラー様は心配ですね・・。わかりますよ。その気持ち。
私ね、恥ずかしながらペットレス症候群とか言う心身症で心療内科に通ったことがあるんです。私にとってチビは家族以上だったかも知れない。それは今も思います。
子供が幼稚園の時に拾ってきた雑種の猫だったんですけど、その子供が中学になって高校生になって・・・そういう過渡期に
私のグチや悩みをみな聞いてくれたニャンコです。

でも不幸な亡くなり方をしましてね・・。それで私はおかしくなりました。(幸せな亡くなり方ってないですけどね 笑)

その時一緒に泣いてくれたのが、どっぽさんの所に書いた
自殺した息子さんを持つお母さんです。その方は私を見て
「三毛猫さん!死んだものは帰らないのよ!」って言いながら
一緒に泣いてくれました。彼女は自分の息子の死と私のペット
の死を同率に重ねてくれたんです。

たかがペットの死じゃないかって言う人が多い中、彼女の暖かい気持ちに触れて私は泣いてちゃいけないと思いました。
それでよくなったんです。一杯泣く事・ずっと覚えていることが
ペットの一番の供養だっておっしゃってくださった獣医師の言葉も嬉しかったです。

私はチビを亡くしましたけど一杯暖かい人の心をもらいました。
チビがくれたんだと思ってるんですよ(*^ ー^*)
ラー様は今もちゃこさんに一杯心をくれてますね。引き続き
介護・看護をお願いしますね。お疲れが出ませんように(*^ ー^*)

あ・・江原さんの話をしにきたんですが長くなったのでこのへんで~~笑
◆三毛猫さん◆
ご訪問いただきありがとうございます。
コメントも・・・胸が熱くなりました。
ホントに今日は三毛猫さんをはじめとして、病院を出る際も暖かい人の心をもらいました。
泣きながらラー様を抱いていると、ドアを開けてくれる方、車までついてきてくれて車のドアを開けてくれた方、スリッパまではきやすいようにしてくれた方・・・。
そして、元気を出して下さいね・・・と言ってくれた方。
ありがとうございますという気持ちで一杯になりました。
こんな気持ちを味わうことができたのも、ラー様のお陰ですね。
そのときが来るまで・・・頑張ります!
心配ですね・・
痛み止めの効果が切れてしまうのであれば、一緒にいて
あげるのが1番の痛み止めになるのではないでしょうか・・

回復できることを願います




◆どっぽさん◆
遅れまして申し訳ありません。
ご訪問・コメントありがとうございます。
残念な結果になってしまいましたが、本当によく頑張ってくれたと思っています。
口や肛門に詰め物をしながら、どっぽさんの事をふと思い出しました・・・。
何れ来るであろう、この日のことを思い、どっぽさんのページをクリックしたのかもしれません。
これからも、寄らせてもらいます。よろしくお願いします♪

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。