--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2007/06/12.Tue

おにぎりの大量生産のしかた

5月に入ってから週末は、やれサッカーだぁ~、運動会だぁ~、保育園行事だぁ~と、ほぼ毎週のようにお弁当を作っています。
ホントいい加減・・・自分の作るお弁当に飽きてきました。
サッカーの場合、試合の合間にササッと食べられるよう、ご飯は『おにぎり』にしています。
家族全員分のおにぎりとなると、一気に8~10個作ることになります。
そんなとき、私の崇拝している近藤典子先生の技を使っています。
この技?!を知る前は、何個もお茶碗を用意して作ったり、もしくは、熱いご飯をお茶碗に入れてすぐ手にのせ「あぢぃぃ~あっぢぃ~って!」と吠えながら、にぎっておりました・・・。
が、今は楽勝~です♪
まず台の上に、(大きめに)ラップorアルミホイルを広げます。
コーヒーカップに(これがミソです!)ご飯を入れてから、ラップorアルミの上にポンポンひっくり返していきます。(アルミはちょっと、ご飯がくっつき易いかもしれませ~ん)
20070612162420.jpg

20070612162428.jpg

そして具を詰め込んで、最初にひっくり返したご飯から(既に適度に冷めています・・・)順に、おにぎりにしていくわけです。
この技を知ってからというもの、さすが近藤先生だわ~!と、すぐに実践させていただいております。
洗い物も少なくてすむし、手もヤケドせずにすむので大助かりです。
どうしても、ご飯と言えばお茶碗!と思い込んでしまいがちですが、コーヒーカップは適度な丸みがあって、これまたご飯がちゃんとまとまってくれるし、量も適量を量り易いというメリットもあります。
ちょっとした工夫ですが、なかなか自分では考えつかないもんですよね~!
更に、使い終わったラップは・・・おにぎりを包む為に利用するか、昨日の2時っチャオでもやっていましたが、キッチンの隅のホコリ取りにも使えたりします。
アルミの場合、よく私はグリルを洗うときなどにも利用しています。
すぐ洗えば何てことないのですが、ちょっと時間が経ってしまい、魚の脂がかたまり気味の時や、コゲつきを取るときなどアルミでこすったりしています。
スポンジに、魚のギトギト汚れやニオイが付かずにすみます・・・。
おにぎり大量生産の機会がございましたら、お試し下さいませ~♪
関連記事
おすすめ楽ちん家事 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
なるほど
私もおにぎりは、お茶碗と思い込んでましたが
コーヒーカップだと大きさも握りやすさも
丁度いいんだね。

私は今、仕事しながらラジオを聴いています。
ラジオなんて何十年ぶりなんだけど
仕事しながらTVは見れないんで
ラジオのリスナーになってしまいました。

近藤先生、結構ラジオにも出てらして
パキパキとした声での整理術に
なるほど!と思いながら聞いてます。
(実践せなアカンけどね^^;)
◆ピコままさん◆
コメントありがとうございます。
そうなんですよっ!コーヒーカップがまたいい感じなんですよ~♪
機会があればお試し下さいませませ~!
ラジオですかぁ、学生時代を思い出します。
私も勉強?!しながら、よく聴いていました・・・何だかいろいろ思い出しちゃうなぁ~。
今ではめったに聴かなくなりました。
先生は、ラジオも出演されているんですよねっ。
実践・・・となると、なかなか難しいものがありますが、できることからちょこちょことやってみると、波に乗れるかもしれませんよ(笑)
私もここ最近収納大作戦に突入し始めました。こちらのブログでも、ご紹介できるように頑張ります~♪

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。