--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2007/06/02.Sat

ご報告・・・3連発~♪

昨日会社に、「突然のお電話申し訳ございません・・・」という電話が入りました。
いつも何かの営業電話は、こんな調子で始まるので、でたよ~と思いながら「はい・・・」と低い声でだるそぉ~に返事をすると、「○○警察のものですが・・・」と地元ではない警察からの電話でした。
もしやっ!!!と、私も声のトーンも急に上がり「ハイッ!お待ち下さぁい~♪」と社長に電話を変わりました。
そ~なんです!パソコン泥棒(2007.5.21記事参照)が捕まったようなのです。
パソコンの製造番号を警察の方でも控えていっているので、間違いなくうちの会社のパソコンのようです。
で、肝心なのはパソコンのデータ・・・うちの会社のパソコンを、直接リサイクルショップの方に持ち込み、査定を頼んでいたとかで、犯人はパソコンの中身は触っていないとか・・・。
4台のパソコンのうち、私のパソコンも含めて2台は、Windowsにログインするための、パスワードを設定してあります。(パスワードを入力しないとWindowsの操作ができません)
売りに出すとしたら、きっとパスワードを解析するソフトでも使うか、Windows自体をインストールし直されてしまうのでは・・・と思っていましたが、それも確認せずに持ち込んだのかもしれません。
ということは・・・まだデータが残っている可能性はありそうです~♪
どういう流れで、犯人が逮捕されたのか、詳しくはわかりませんが、とにもかくにもパソコンはいずれ手元に戻ってくることになります。
もろもろの手続き等があるので、少し日数はかかるようですが、その内に確認作業をしてもらうとのことでした。
もし、パソコンのデータが戻ってきたとしたら・・・私の行いが良かったからだ~♪・・・と、心の中では思っています(笑)

報告が延び延びになっていた、その後のたっくんプチ登校拒否(2007.4.25記事参照)のご報告です。
新学期そうそうに、腹痛・頭痛・微熱等の症状から、登校できなくなってしまった子が7~8名出ていました。その内の1人にたっくんも含まれています。
今でも週に何度か、朝からお腹が痛いと前のめりになり、夫が学校まで送っていったり、早退したりすることもありますが、何とか休まずに学校へは行っています。
GW後、たっくんのクラスの保護者が集まり、茶話会を開く予定になっていましたが、少しでも改善してもらいたいとの思いから、茶話会の前に数人のお母さんと一緒に教頭先生にお会いしてきました。
クラスの中には、教頭先生に電話したり、直接会って話をした保護者もいたので、教頭先生もある程度は状況を把握していましたが、一通り子供の状態や担任に改善してもらいたい点を話ました。
今年赴任してきたばかりの教頭先生ですが、物腰も柔らかく、メモを取り頷きながら話を聞いて下さいました。
担任の方にも、教頭先生から話をしてくれるとのことでしたが、やはり直接保護者の声を本人にも聞かせた方がいいとのことでした。
そこで予定どおり、顔合わせを兼ねてGW明けに茶話会を開き、子供の様子や保護者がどう考えているのか等の話しをしました。
その結果で、担任も交えて改めて話し合いの場を作ってもらおうと思っていました。
教頭先生は、是非茶話会での話も聞かせて欲しいということで、後ろの方でメモを取りながら、私たちの話を聞いていました。
茶話会では・・・直接先生にひどく怒られた訳ではないけれど、他の子が怒られているのを見たり聞いたりして、自分も怒られたらどうしよう・・・という気持ちからか、同じような症状がでて学校に行けなくなっている子もいました。
中には全く大丈夫・・・という子もいました。
保護者の中には、上の子の時に同じ担任だったけれど、勉強もできるようになり、とてもいい先生だと豪語する方も・・・。
子供の感性による部分も大きいのかもしれないし、保護者によっても考え方が違うものなんだなぁ~と改めて実感しました。
最後に教頭先生からは、GW前に担任とも話しをしたということ、自分もかつて若い頃は、自分の指導が正しいと疑わずにやっていたことがあるけれど、やはり保護者から指摘され、それではダメだと気づき改めたことがあったということ、学校と家庭と両方で支えあいながら子供を育てていく体勢を取っていきたいので、担任に直接話しづらければ、私でもいいですから、気になることがあったら話しをして欲しいということ、状況が改善しなければ、このままでは絶対に良くないので、是非担任も交えて話をした方がいいということを話されていました。
問題から目をそらさず、真剣に取り組んでくれそうな教頭先生で、私も少し安心しました。
たっくん曰く、以前のように発狂して怒るということはしなくなったそうです。
茶話会等の音頭をとっていた、役員のお母さんともその後話しをしましたが、結果的には、担任も変わってきているようなので、子供からもよく学校での話しを聞くようにしながら、少し様子を見ようか・・・ということで現在に至っています。
また子供達もある程度、免疫ができた部分もあるのかもしれません・・・。
朝からお腹が痛いと言いながらも、学校はイヤじゃないと、ランドセルを持つところを見ると、しばらくは見守っていこうかな・・・と思っています。
私も気になることがあれば、直接担任の先生と話をしたいと思っています。
実は、4月に小児科で採血した際、免疫系の検査にもまわしてくれていたらしく、後日Drから電話が入り、『抗核抗体』の数値が普通の子の4倍だということを聞かされました。
その事が、微熱や腹痛と関係しているのかどうか・・・この数値が高いのは一時的なものなのか、先天性のものなのか、当面は月に1度採血しながら様子をみていきましょうということでした。
先日も採血をしてきたので、今日の午後、結果を電話で聞きましたが、数値は少し下がっているものの、やはり普通より高いとのこと。
微熱や腹痛も続いているようなので、一度施設の整った病院でお腹の方の検査をした方がいいでしょうとのことです。
来週にでも一度私が小児科へ行って、日程等を相談してくることになりました。
心配なので、ちゃんと検査を受けさせたいと思っています。

最後にもう1つ報告が遅くなっていたことがありました・・・。
私の心臓の調子が悪く、24時間の心電図をつけた(2007.5.8記事参照)結果です・・・。
Drからは「期外収縮はありますが、治療するまでもありません。薬を飲むとしても安定剤になりますが、出しますか?」と聞かれ「結構です・・・」と答えて、いそいそと会社へ戻りました。
仕事も忙しく残業続きで、帰宅後はたっくんの担任の件や、サッカーの件(今期、役員になっちゃいました)等、かなりバタついていたので、やはり精神的なものが大きかったのかもしれません。
その後も何度かは、気になることがありましたが、今は落ち着いています。
Gさんママも、とても心配してくれていましたが、結果を報告すると「ちゃこの心臓の毛も、少し抜けたのかね~?」なんて言われました(笑)
心配して下さった皆様・・・お騒がせいたしました。
どうやら心臓からの脱毛による異変だったようです(苦笑)
関連記事
家族・子育て | Comments(9) | Trackback(0)
Comment
止まない雨はない
大阪ではこれを大阪弁で「止まん雨はないで」って言います。
そんなに辛いことばかりずっと続かないって言う意味です。ちゃこさん、何だか全て少しづつですがいい方向に動いてきてるみたいでよかったです。私も何だか嬉しいです~~!!素敵な記事を読ませていただきました☆ちゃこさん、ありがと~~☆
たっくん、大丈夫ですか?心配ですね。微熱が続くなんて。なんともなければいいけれど・・・

ちゃこさんもあまり無理をせずにいてくださいね。たまには岩盤浴やサウナへ行ってリフレッシュしてくださいね。
コメントありがとうございます~
◆三毛猫さん◆
ホントにそうですよね・・・キツいときほど、そう思いながら生きてます(笑)
でもこれが、一難去ってまた一難の繰り返しで・・・また新たな問題が発生しております。
それもこれも、私に与えられた経験だと思って乗り越えなくっちゃですね・・・。
課題の多い人生です・・・(苦笑)

◆judyさん◆
月曜日は、お腹が痛くなる確立が高いのですが、今日はすんなりと学校へ行きました。
何だかね~大した病気じゃなければいいのですけど・・・詳しい検査をちゃんとしたいと思っています。
あ~サウナにねぇ~ゆっくり行きたいです~!
近所のサウナ付温泉がもう少しでリニューアルOPENなので、楽しみにしているんです。
毎日通るたびに見ちゃいます・・・。夫からは、現場の大工さんにイップク(飲み物やおやつの差し入れのこと)を持って行かなくていいのか?とからかわれています(笑)
ちゃこさんこんにちは。随分とお忙しく、大変な時間を過ごされていたようですね(´・ω・`)たっくんの担任の先生のお話、とても難しいですね。今、教育現場はとても大荒れですし、先生が「初めが肝心・・・」と思ってしまう気持ちも分かりますが、まだ8歳のお子さんにとっては、「みんなと一緒に過ごすこと」ですとか、「決められた時間は勉強をすること」に慣れる為の学校でもあると思うのです。それだけでも一生懸命になっているのですから、叱るのは大人がきちんと見極めなければなりませんよね。過去の記事を読ませていただきましたが、ほとんどの場合、諭すことで解決できそうな感じがします。これから先、先生もお子さん達も、保護者の方々も安心していられる「学校」であり「クラス」になってくれると良いですね。
◆びびさん◆
コメントありがとうございます。
確かに・・・親も安心して学校へ送り出すことができる、子供も元気にいってきます!と玄関を出て行くことができる・・・というのが、何よりの願いです。
結局、3年生になるまでに、最低でも~はできるようになっていること・・・とか、学校全体で取り決めをして、どの担任に受け持たれても、各学年ごとに共通した目標があれば、こういったトラブルは少し回避できるのではないかと思っています。
担任ごとに考えが大きく違うということでは、どうしても問題が起きてしまうのでは・・・と。
でもねぇ~1年生なんて、ホント保育園児や幼稚園児に毛が生えたようなもんだし、学校が楽しいと元気に通わせることで精一杯のような気もします。先生も大変ですわ~。
パソコンが早く手元に戻ればいいですね
願わくば、中を触られていなければ、万々歳ですが・・・

お子さんの学校の事、ご自信の身体の事と、気に病む事ばかりですね・・・
人生は、鉄のように打たれる時期がありますが、いずれ、鋼のようにつよいちゃこさんの誕生という事ですね!v-410
◆飛香庵ママさん◆
コメントありがとうございます。
そうなんですね・・・まだこの世に生れ落ちて40年も経っていませんが、ボコボコにされている感を感じるときがたびたびあります。
まだまだこれからも打たれるのでしょうね・・・。
身体と精神を鍛え直します!(笑)
おはようございます。
ちゃこさんの体調、お子さんの体調・・・気になっていました。
無理なさらないでね。(って言っても・・・頑張り屋さんだから、
頑張ってしまうのよね~。ちゃこさんって)
学校のこと。教頭先生が窓口になってくださってよかったです。
担任の先生のこと、「悪いところ」だけが先走りしてしまうかも
しれませんが、「いいところ」もあるはず?です。「こういうところはすばらしいですよね」ってほめておいて、「しかしながら、改善
されるべきところはあります」って手法で教頭先生と時間の許す
限りお話ししてみてはいかがでしょう。「指摘」ばかりではなく「見守っています」という姿勢も相手に伝わると「気持ちの歩み寄り」があるかも?子どもを守るのは保護者のつとめですもの。
ちゃこさんたち保護者の行ってることは、「当然」のことです。
学校教育にメス!入れましょ!押忍!
◆ミセスXさん◆
コメントありがとうございます。
毎週月曜日、2時ッチャオを観るたびに、ミセスXさんのことを思い出しています(笑)
たま~に録画忘れもありますが、ちゃんと保存しておりますのでご安心下さい(そろそろ教えて下さい)
いや~そんな頑張ってもいないんですけどねぇ~。頑張っているフリ?!(爆)
私の体調の方は、随分落ち着きました。
たっくんの方は、昨日総合病院の方でかなり詳しい検査をしてきましたが、(後日、記事にも書こうと思っています)心因性の腹痛や微熱の可能性が高いです。
しかも、昨日夜から38度の熱を出して今日も学校お休みです・・・。またまた先ほど病院に連れて行ってきました。毎日かよっ!です・・・。
学校のこと、毎日聞くようにしています。担任の先生を笑わせたりと、たっくんなりに頑張っているところもあるのかなぁ~と思う部分もあったりします。
先生もあまり怒らなくなったとかで、先生なりの努力も見えます。
そうですね・・・あの後、あるお母さんから、先生もかなり痩せた・・・と耳にしました。先生も悩んだ部分もあったのかもしれないなぁ~と思うと、少し人間らしく思えてきました(笑)
私も毛嫌いせずに、歩み寄る気持ちを持って話をするようにしています。
ご心配いただきありがとうです~!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。