--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2007/03/04.Sun

救命講習のお陰?

まだ、ハナの調子が悪いです。
つまっているわけでもないのに、ニオイがしません・・・味もよくわからないんです。
何を食べてもおいしくないもんですねぇ~。
でも、これってダイエットに使えるかもっ!と、Gさんママに話したところ、ナイナイでもやってるもんね~と・・・
あ゛・・・シンクロ用のハナの栓の事を言っているのでした。
どうしても食べ過ぎてしまう・・・という方には、『ハナ栓ダイエット』試してみる価値アリかもしれません。
ちなみに私は、味がよくわかりませんが、もり~もり食べてます・・・さっぱりダイエットにはなりません(笑)

そんなわけで、自分が何を食べてもおいしくないので、食事の準備にもさっぱり力が入りません。
金曜日の夜、子供たちから「ハラ減った~!おかぁ~さん、ゴハンまだ?」と催促され、しぶしぶキッチンに立ちました。
何日も前からリクエストがあった『からあげ』を作ると発表すると、珍しく、たっくんが「お手伝いする~!」と私のところへ来ました。
比較的、ゆーとの方がよくお手伝いをしてくれます。
週に1~2度「何か手伝うことない?」と聞いてきます。
「ないわ・・・」と答えるとがっくりきて、時には「手伝う~!」と暴れることも・・・(笑)
案の定、「ゆーとも手伝う~!」とやってきました。
私がとり肉を切って、たっくんには、からあげ粉をまぶして油で揚げてもらうことに決めた矢先のことでした。
そこで、ゆーとには、きゅうり3本をスライサーで輪切りにしてもらうことにしました。
私の目の前で何度かやらせたこともあったのですが「短く持つと危ないからね、こうやってやるんだよ~」と手を取ってやり方を説明しました。
キッチン台のスペースがなかったのと、たっくんが踏み台を使って、から揚げに初チャレンジしていたので「ゆーとは(ダイニング)テーブルでやれば?」と言うと、リビングの床に座り込んで背中を丸めてスライスしてました。
「短くなったら、やめるんだよ~!危ないからっ」と言った矢先に・・・ホントに言い終わった矢先です・・・
「おかぁ~さん、手切ったぁぁぁ~!!!」
見ると、右手の親指から血が出ていました。
すぐに、ティッシュで指を包んで手を心臓よりも上に上げさせ、指をしっかり握って圧迫しながら止血しました。
夫は、ちょうど買い物に出かけていて留守でした。
たっくんは油を使っているし、ゆーとは血だらけだし・・・。
私の身体は一つなので、たっくんには夫が戻るまで中断させました。
これでヤケドまで重なると大変なことになるので・・・。
結構いい感じで出血していたので、恐る恐る指を見てみると・・・ん~1針か2針縫ってもらった方がいいかな?ってくらい、いっちゃってました・・・。
夫が帰ってきたので事情を話したところ、オレでもコワイもんコレ~!目を離すからよっ!と怒られました。
ごもっとも・・・いつもは見てるんだけどなぁ~と反省。
それでも間もなく出血も止まり、病院へ行かずに済みました。
子供が産まれてから、救命救急のレクチャーを受けたいと思っていました。
子供に何かあったとき、救急車が来るまで、指をくわえて見ているだけ・・・という状況は避けたい!という思いからです。
そう思いながらも、なかなか機会がなかったのですが、一昨年の秋、地元の消防署へ電話で問い合わせたところ、何人か集まるのであれば、随時講習を行いますということでした。
そこで、夫(かなり渋っていましたが、無理矢理参加させました)と、あーちゃんも頭数に入れて申し込み、とある日曜日に子供たちも連れて講習会へ行ってきました。
(確か)3時間ほどかかったので、子供たちは途中で飽きてきてしまいましたが、休憩の時には消防車や救急車を見せてもらったり、心臓マッサージ用のマネキン?の服を脱がして、クレヨンしんちゃんバリに、ニヤニヤしたりしてました(笑)
知識としては、ネットや関係の本でも触れることは出来ますが、特に心臓マッサージは、実際にやってみると、自分で実践してみなければ、いざという時になかなかできないものだろうなぁ~と思いました。
その他、実際に現場に出ている方が講師だったので、知っておいてよかったという内容が多く、とても興味深い話もたくさん聞くことができました。
今回、子供が大量の出血をしていても、まずは圧迫して止血するということが頭にあったので、さほど慌てずに済んだと思います。
講習後、いや~受けて良かった~!と、一番満足そうにしていたのは、渋々参加したはずの夫でした(笑)
終了後は『救命講習を修了し、救命技能を有することを認定します。』なんて書いてあるカードまで頂きました。
そのカードには、反復して講習を受けて下さい(目安としては2年毎)と書かれています。
確かに・・・忘れていることも多いです。
できることなら、また何人か声を掛けて講習を受けたいと思っています。
関連記事
ダイエット・健康・スキンケア | Comments(11) | Trackback(0)
Comment
うわ・・
記事を拝見してドキドキしました!最初は笑ってたのですが
指の怪我のところで私の心臓が止まりそうになりましたよ。
(血も止まりました 笑)

実は一昨日、よその家の玄関でおじいさんが倒れてたので
慌てて救急車を呼びました。頭から血が出てるので、気が動転した私は、救急車が来るまで何を思ったかおじいさんが倒れるときに倒した植木を植え替えていました。
そんなことしてる場合じゃないのに・・アホでした。
◆三毛猫さん◆
コメントありがとうございます。
今日は、朝からゆーとはお腹が痛いところげまわり、かかりつけの小児科のDrに診てもらいました。
ついでに、指も診てもらったところ、傷が開き気味の状態のままなので、早めに外科のDrに診せた方がいいとのことでした。
傷口をくっつけておくテープがあるそうです。
ホントは縫ってもらった方が早いけどね・・・と。(やっぱり・・・)
お腹の痛みが落ち着いているので、午後からでも当番病院の外科へ連れていこうと思います。。

三毛さんって、何だか事件に遭遇することが多いみたいですね(笑)
救命の講習を受けておくと、役立つことが多そうですよ~!
植木の植え替えも大事ですけどねっ(笑)
最近駅とか空港とかデパートに徐細動機(心臓まっさーじ)が設置されてきていますし、救急法は持っているといざというときに便利ですよね。私も持ってます。
ちょっとお金はかかりますが、日赤の救急法救急員の講習を受けると4日間で資格がもらえますよ。次回是非ためしてみてください。
次男が指を切ったとき、動揺した私。
「え、どこの病院行ったらいいん?
 皮膚切ったから皮膚科?」と騒ぎ、
夫に呆れられたことがあります。
無事外科に行って縫わずにキレイに治ったんですが。
コメントありがとうございます
◆judyさん◆
そうそう、その日赤の講習のことが、広報に載っていたので問い合わせたのがきっかけなんです。
朝から夕方まで、何日もゆーとを預けるのが難しい年頃だったので、とり急ぎ半日で済む一般的な講習を受けよう・・・ということにしました。
知っていて損はないですよね。
judyさんは、特に職業上でも必要だったのでは・・・?
そうかぁ~、今度はやっぱり日赤のをチャレンジしてみようかなぁ~。

◆なほさん◆
ホント、自分の子供はもちろんのこと、目の前で事が起こると動揺しちゃいますよね。
私の受けた講習は、是非保育園の先生や、学校の先生も定期的に受講することを義務付けてもらいたいくらいです。
びっちり親が一緒にいられるわけではないですもんね。
救急車が来るまでの間の処置が良かったお陰で助かった・・・というケースも多いみたいです。
機会があれば、消防署に問い合わせてみるといいと思いますよ~。ダンナさんや、お友達を誘って・・・いかがですか?
∩・∀・) こんにちは~
スライサーって怖いですよね~
実はワタクシ、怖くて使えないんです。
更に言うとピーラーも怖い~
怖い原因は包丁みたいに馴れてないからなんですが・・・・
私も子供の頃、ざっくりやった記憶がありますよ。

>救急法救急員の講習
へえ~そんな講習があるんですね~
受けてみようかな~
◆筋肉料理人さん◆
ご無沙汰しておりまして(読み逃げしてまして)、あいちゅいまちぇ~ん♪
私もピーラーは怖くて、あまり使わないんです。
たまぁ~に気が向いたら、ニンジンの皮むきの時に使うくらい・・・。
あっ、あと豚しゃぷをやる時に、ピーラーを使って、薄~くスライスした大根やニンジンを入れることもあります。
実は・・・たっくんは、ピーラーで爪と指をサクッと切ったことがあります。
やっぱり包丁が一番使い勝手がいいということですかね?

救命の講習は、夫も妻も両者揃って受けるのがベストですよね。
自分だけわかっていても、自分に何かあったら相手に助けてもらわなくちゃダメですもん(笑)
日赤のは、ちょっと大変かもしれませんが、消防署でやってくれる講習は、2~3時間です。
私はかなりへぇ~へぇ~と真剣に聞くことができました(テキストも付いてきます)。
是非、家族の為にも、奥様を誘って受けられるといいと思いますよ~!
こんにちは☆
私も講習うけよっかと思います。ほんと、ロクなことがない人生ですもん・・しくしく

実は昨日鳥の巣箱を木にくくりつけようとして脚立から落ちて
足の小指が腫れています。痛いんです・・ツイてないです。
でももっとショックだったことは、作った巣箱にうちの猫が手を入れたことです。猫が木に登ることをすっかり忘れていました。
って言うか、誰も教えてくれませんでした。
今ちょっとブログ友達を恨んでいます・・・
こんにちは。お久しぶりです。ゆーと君、大丈夫ですか?(´;ω;`)折角ママのお手伝いを頑張ったのに、手を切ってしまうとは、可哀想でしたね。段々お兄ちゃんになって、出来ることが増えて、お母さんの役に立ちたいのでしょうね。微笑ましいです(*・∀・*)でも、くれぐれもお怪我にはお気をつけて下さいね(´うω;`)
おはようございます♪
先日は三毛猫さんのところで励ましの言葉を
ありがとうございました。とっても嬉しかったです!
ゆーとくん血だらけになってビックリしたんだろうな~^^; 
でも、病院に行くほどのケガにならなくて本当に良かった
です!たっくんもゆーとくんもお手伝いしてくれるいい子
なんですね♪心臓に毛の生えてるママに育てられると
いい子に育つのかな?(笑)
◆三毛猫さん◆
是非、三毛さんも!
受けられた後、今回と同じような事があった場合は、たぶん鉢の植え替えではなく、気道確保・止血の心配をすることになると思います(笑)
足の小指、大丈夫ですか?脚立って危ないんですよねぇ~。
私の叔母は、窓拭きをしようとして脚立から落ちて脳震盪を起こしたことがあります。お気をつけ下さいませ~。
猫は、木に登りますよね・・・何かいい方法を考えついたらBBSに書込みしますね♪

◆びびさん◆
おぉぉ~!お元気そうですねぇ~♪
新婚生活の記事を楽しみにしております。
ゆーとの指も、目覚しい勢いで回復しております。
ちょうどゲームをやる際もよく使う指なので、しばらくゲームはできないな・・・と思いきや、しっかり痛いところを回避してうまくゲームをやりこなしています。
今回は、せっかくのお手伝いのはずが、私の不注意で痛い思いをさせてしまいました。気をつけようと思います。

◆manekiinuさん◆
こちらにまでお越しいただきありがとうございます。
毛の移植の相談でしたか?ウハハ~♪
日曜日の夕方、ゆーとが高熱を出したので、インフルエンザかと思い当番病院へ連れて行った際、ついでに整形外科の先生に診てもらいました。サビオでいいそうです(笑)
痛い思いをさせてしまったのは、可愛そうでしたが、今度から私もゆーとも気をつけるようになるでしょうね・・・。
何事も経験ですね♪

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。