--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/05/02.Tue

泣いていても始まらない!

その後のラー様・・・昨日はかなり凹みました。
前回、ブログUPの段階では回復しつつありましたが、その後また調子が悪くなり再び採血とレントゲンの検査をしたところ、肝機能が異常値となっておりました。
更に、1週間前のレントゲンにはなかったのに腹水もたまっているとのこと。
腹水?・・・イヤな予感・・・。
レントゲンも、コントラストがスッキリとしていなく・・・腫瘍があると思いますと診断されてしまいました。
もう食欲もなくて、普通に歩くのでさえフラついてしまう・・・かなり深刻な状態になってしまいました。
ほとんど何も口にしなくなってしまった為、栄養剤を出してもらい、注射器を使って口から流し込んでいます。もともとスマートな体形でしたが、かなり痩せてしまいました。
腹水がたまるということは、良性の腫瘍ということはありえない・・・らしいです。
ゴロンとした塊の腫瘍は確認できないことから、恐らく腹膜に腫瘍があるのではないかとのこと。
開腹して確認し、腫瘍も取れる部分は取りますが、取りきれるとも言い切れないし、今の体力が落ちている状態だとかえって悪い結果をもたらすことにもなりかねません。家族とよく相談して決めて下さいと言われました。
要は、悪い所を確認することが目的の開腹手術ということなのです。
どこの癌かということが判ったとしても、今の体力では抗がん剤を使えるかどうかも判らないとも言われました。
改善する確立が高いのでしたら、検討の余地ありですが・・・開腹手術をすると、体力も消耗して家に帰ってこれなくなるかもしれないね・・・と夫と話しています。
私としては、少しでも可能性があるのなら、お願いしたい気持ちは多少なりともなくはないのです。
でも、体力がもつかどうか・・・という状態の中、痛い思いをさせて、長い間家族と離れて生活する・・・それも改善する保証はない・・・。
無理にでも開腹することがラー様にとって幸せなことなのか?と考えると、開腹すべきではないのかもしれないと思っています。
仕事どころではないですよ・・・でも、そこがサラリーマンの辛いところ。
しかも、この時期は私が一番忙しい時期なのです。
はぁ~こんなとき、ずっと一緒にいられたら・・・と思わずにいられないです。
開腹手術はしないまでも、何とかしてラー様を助けます!(ネットで検索しまくりです)
昨日の夜、約束したんですよ。絶対助けてあげるからねって。
体が辛いようで、夜もよく眠れないラー様。
私のところにきて、カリカリッとやるんですよ~。
でも、トイレに行きたいわけでもなく、何が食べたいというわけでもないのです。
辛いって言いたいんでしょうね・・・涙がでちゃいました。
後悔しないように、できるだけのことはしてあげたいと思っています。
凹んでいても、何も始まらないしっ!気持ちを切り替えて、前向きにがんばります!
関連記事
愛犬ラッキー | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。