--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2007/01/15.Mon

経験ってスゴイ!

土曜日は、夕方からたっくんのサッカー(フットサル)の試合がありました。
急きょ決まった交流試合だったので、数日前に役員のお母さんからの電話で知らされ、出欠を確認されました。
当初は日曜日が予定されており、たっくんにどうするの?と聞くと「冬休み最後の日曜日だから、家族の皆でどこか行きたいし・・・どうしようかなぁ~?どうしたらいいと思う?」とかなり消極的な彼。
もともと何が何でもサッカーがやりたいというより、サッカーもまぁまぁ好きだしぃ~、クラスの友達が始めることにしたからボクも・・・的な始まりで、試合も別にベンチでもOK~!と思っている感じ・・・血の気が多く、モロ体育会系の夫と私にとっては信じられない感覚でございます。
どこから飛んできて注入されたDNAなのかと首を傾げてしまうほどです・・・。
たま~に試合に出ても、参加することに意義がある♪状態で、「アンタ、やる気あんのっ?」と聞きたくなる私・・・。
どちらかと言うと、ゆーとが出た方がいいんじゃないの?・・・と思ってしまうことも。
そこで試しに「たっくん、もし野球部とか卓球部とかもあったら何をやりたい?」(たっくんの学校は、バレーとサッカーしかクラブがないんです)と聞くと、「卓球!」と即答しておりました・・・ウハハ~だめだこりゃ~☆
まっ、皆とサッカーができればいいや~って感じのようでした。
夫もその内、「いいんだ・・・それで」と諦めモード。
結局、土曜日の夕方に変更という連絡が来て、サッカーの試合に行くけど、日曜日はどこかに行こうという約束で、交流試合に参加することに決めました。誰のための試合だよ~ったく!
それでも会場へ向かう車の中で「もし試合に出られたら、1点でもいいからたっくんがゴールしたところ見たいなぁ~♪」と(サルもおだてりゃ的に・・・)言っておきました。
今回の交流試合では、監督がお休みで、コーチが監督を兼任していました。
たぶん交流試合だし、経験の少ない子も出そうという考えだったのか、いつもスタメンで出ている子をベンチに下げ、たっくんも試合に出られることに。
試合に出られることになって嬉しいのと、照れからか最初はニコニコしながら試合を楽しむという感じで、ボールを取りに行くでもなければ、走り方もホイッホイッホイッてな調子で何だかさっぱり気合が入っていないのです。
「いいのかアレで・・・?」と夫に聞くと、「いいんだ・・・」となだめられました。
ガマンにガマンを重ねておりましたが、とうとうブチ切れした私・・・。
コートにいるたっくんに向かってドスを効かせた低い声で「○○○○○(←たっくんの苗字・・・って、私の苗字でもあるんですが・・・)何やってんのよっ!気合入れろ気合!」と一喝!
その後間もなく、たまたまゴールの近くで、たっくんが蹴り損ねたようにキックしたボールが、申し訳なさそ~にゴールに入りました。
皆「え?入っちゃったの?」って感じのゴールでしたが・・・それでも本人はニコニコの大喜び♪
すると、どうしたことでしょう・・・その後の顔つきや動きもも、みるみる内に変わってきました。
積極的にボールを取りに行き、ゴールを狙い始めたのです。
そして、今度はちゃんと狙ったゴールを決めましたぁ!
このゴールは、ホントに感動しちゃいました・・・泣
その後も体力がない為、かなり胸が苦しそうでしたが、替えられることもなく、積極的に参加した状態で試合を終えることができました。
一緒に観ていたお母さん仲間も「今日のたっくんは違うねっ!」と・・・。
試合が終わって解散すると、たっくんはすぐ私のところに駆け寄ってきたので、ガッチリと握手を交わしました。オトコらしい私~♪
で、ゆーとは・・・ハーフタイムになると、高学年のお兄さんたちと一緒にコートに入り、自分も練習気分♪優しいお兄さん達は、たまに蹴らせてくれたりしてました。
しまいには、お兄さん達と一緒にベンチにちゃっかり座っている始末・・・(苦笑)
さすが、ゆーとです・・・。
帰りの車のでも、たっくんは、かなり興奮状態でした。
もう1回ゴールしたい!と思っていたそうです。
やはり実際に試合に出て、経験することがいかに大事かってことが今回のことで良~くわかりました。
いくら周りが口で言っても、自分で感じなければダメなんですよね。
いい経験をさせて下さったコーチにも感謝です。
その夜は、寝るまで興奮覚めやまぬ状態のたっくんでしたが「お母さんに、気合入れろっ!て言われたからさぁ~」・・・らしいです(笑)
そして「ブログに書いておいてね♪」と言っていました。
たっくん、しっかり書いておいたからねっ!

約束どおり、昨日は札幌にある「青少年科学館」と言うところに行き、3時間ほどいろいろ体験してきました。
前にも1度行ったことがあるのですが、今回はゆーとも楽しめたようで良かったです。
大人も地味に楽しめます。
でも、さすがに3時間も立ちっぱなし、歩きっぱなしで夫も私もヘロヘロ・・・。
まだまだイケる!という感じの子供達を何とか説得して帰りました(笑)
冬休みの思い出がまた1つできて良かったです~♪
が、私はまだ疲れを引きずっています・・・。
関連記事
家族・子育て | Comments(8) | Trackback(0)
Comment
こどもってすごいですね!
できるってことが証明されると自信につながります。
そうすることで、視野が広くなったり、世界がちがったように見えます。きっともう、卓球とは言わなくなるでしょうね!
感動を味わうごとに一歩ずつ成長していくというか・・・
私も、やだやだ言わずにたっくんを見習います。
◆ジュディーさん◆
コメントありがとうございます~!
ホントね、子供ってこんなに変化があるものかと驚きにも近いものがありました。
このモチベーションを利用して、これからも頑張ってくれればいいのだけれど・・・どうだかなぁ~?
そうそう、ジュディーさんも、前向きに行きましょう♪
『そのとき』が来れば、何らかの変化があるはず・・・って、手のモデルに転職できそうね~!(笑)
たっくんよかったですね。
今後の自信につながる事でしょう。

私はたっくんの気持ち、分かります。
私もなんとなく体育会系だったけど
全然活発な方じゃなくて・・・
補欠の方が楽チンでいいやと思ってました(笑)
◆なほさん◆
コメントありがとうございます。
サッカーの事のみならず、こうして体感することによって自信につながっていくんでしょうね。
嬉しい経験も、失敗も、悔しい思いも・・・この先どんどん経験していってほしいと思っています。
そうかぁ~楽ちんか~。
家事は楽ちんにこしたことはないんですけどねぇ~。
スポーツとなると燃えるタイプの私・・・デス♪
たっくん頑張ったんですね~^^
子どものときって、目に見えるようにはっきりと成長していく
ときがあるので見逃せないって感じですよね。
たっくんも、お母さんの「気合入れろ」の声に応えられて
自信がついたでしょうね♪
◆TAEKOさん◆
コメントありがとうございます。
日頃バタバタしていて、子供の成長を見逃しがちな私なので(笑)、こういう解りやすい成長は大歓迎です!
期待をかけ過ぎるのもどうかと思いますが、期待しなさ過ぎるのもダメなんでしょうね~。子育てって難しいですよね・・・。
サッカー仲間から、たっくんのお母さんはヤバイ・・・と思われていると思います(爆)
でも、上には上がいるんですよ~私以上に気合の入っているお母さんがっ(笑)
Congratulation!
出来た時の喜びって、一度経験しないと判らないものですよねー。
私自身、数学が不得意だったのに、
山が当たったので取った100点のお陰で、
その後数学の鬼になりましたものー(笑)
(ちなみに今はコンピュータ任せで足し算も危うい・・・)

きっとこの経験で、たっくん、変わるんだろうなぁ。
よかったですねーきっと素敵な男性に成長することでしょう
◆ぜんぶままさん◆
コメントありがとうございます~!
さすが!ぜんぶまま♪
横文字できましたなっ!
(読めて良かった・・・とホッと胸をなで下ろしている私・・・)
お元気でしたの~?
もう、ぜんぶままのレバーがヤバイのでは?と心配してたら、レバー食ってるしっ(笑)
そうそう、やっぱり何でも経験してみないとねぇ~。
このまま前向きなキモチでサッカーの鬼になってくれればいいけど・・・次回の試合を楽しみにしています。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。