--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/04/23.Sun

近藤マジック実践レポート第5段!

なんてったって、家事はパパッと済ませたいタイプ~の私。
1日中家にいることができる生活なら、もっと精神的にも肉体的にも余裕をもって家事に取り組めるのかもしれません・・・。
でも、どうしても家にいる時間が限られてしまう中で、子育てと家事をこなすというのは、ホントに大変だったりします。
えいっ!やぁぁ~!と気合いの一つも入れないと、腰が上がらなかったり・・・。
だからこそ、少しでも楽に家事をこなせるようにしたいなぁ~と、快適生活を目指すようになりました。
特にキライな洗濯は、洗濯機の前に立ったとき、無駄な動きをせずに必要な物をすぐ取れるような収納にしたいと思っていました。
私の家の場合、洗濯機はお風呂のすぐ横に置くしかなく、狭くて収納スペースも限られています。
先生は、洗面所内でどうしても収納スペースを増やしたい場合、壁面をうまく利用したり、上の方の開いているスペースにつっぱるタイプの棚や棒を取り付けたり、天地でつっぱるタイプのものを利用する方法を紹介していました。中には、マグネットタイプの収納道具を利用する場合もありました。
とにかく【湿気が多いところなので、湿気に強いタイプの収納道具を選ぶことと、直接床に物を置かないこと】を強調されていました。
ふむふむ、それならば・・・と、以前通販で購入したキッチンで使うマグネットタイプの収納ケースがあることを思い出しました。
一時期、ラップやアルミを入れて冷蔵庫に付けて使用していましたが、いまいち使い勝手が悪かったので、別な物を入れて使おうと食器棚の下に眠らせていたのです。
これを洗濯機の側面にくっつけて、洗剤を入れてみると・・・
おお~!よくぞ入ってくれました!と褒めてあげたくなるくらい、洗濯用の洗剤がピッタリ入ってしまいました。
洗剤類1

(奥になっている方が以前からあったものです)
1つでは足りなかったので、同じような物を探しにホームセンターへ行きましたが、ゲゲッ!高い・・・。
たまたま電器ショップへ行くと、冷蔵庫コーナーで(きっと、これもラップ等を入れるために・・・ということなのでしょう)ホームセンターよりお安く販売されていたので、即購入してまいりました。
2つ並べるとこんな具合です。
洗剤類2

全てひと目で見渡すことができ、サッと取れてサッと戻すことができます。
強力なマグネットなので、洗剤を入れても大丈夫なのです。
スプレータイプのシミ取りは、ケースの端に引っ掛けて収納しています。
驚く効果がありました♪
こうしてわかりやすい収納にしたところ、夫が脱いだ服をランドリーラックに入れる前に、シミのついた部分にシミ取りスプレーをシュシュッとしてから入れてくれるようになりました。

ネット

洗濯の時に使用しているネットは大・中・小といくつかあり、アレ~?どこいった~?ということがありました。
使用後、湿ったままでも通気性よく収納できるようにと、洗濯機にマグネットフックを使って大きいネットを取り付けて、その中にネットを収納しています。
洗濯ネットを使った収納も近藤マジックの一つです~♪

バスタオルは各家庭によって、使用後は『毎回洗う派』と『数回使用後洗う派』に分かれているようです。
以前、先生のHP掲示板でも話題になったことがありました。
私は『数回使用後洗う派』。
お風呂に入って体をキレイにしてから使う物なので、1回使っただけでは洗濯しません!
家族4人、かさばるバスタオルを毎日4枚ずつ出されたら、たまったもんじゃ~ありませんよ~(笑)
そのためには、使用後のバスタオルを干すスペースが必要になる訳です。
以前まで、床に置くタイプのバスタオルハンガーを使用していました。
それじゃなくても狭い洗面所、しかもお風呂から出て手を伸ばすと取れるように置くと、どうしても通路が狭くなっていました。
それに、家で使っていたバスタオルハンガーは、ポールの間隔も狭く干しづらいなぁ~と感じていました。
大人でさえ干しづらいとなると、子供にとってはもっと干しづらい・・・面倒くさい=その辺に湿ったバスタオルを放置しておくか、良くてもダイニングテーブルのイスにかけておくというパターンに陥ります。
何とか場所を取らずに子供でも簡単に干せる方法はないものかと考え、通販やネットでもかなり探しました。
でも、やはりナットクできる物は見つからず・・・そこで、またまたイレクターが登場です。
子供バスタオル

つっぱり棚用の棒を天地でつっぱり、それにイレクターのパイプをジョイント部品で取り付けました。

イレクター

左側からスライドするようにバスタオルをかける仕組みです。
子供達は、リビングで髪の毛を拭いたりしてから、洗面所に戻すというパターンが考えられるので、洗面所入り口付近にバスタオルを干すスペースを確保しました。
それでも、お風呂から出て手を伸ばすと届く範囲内です。
ジョイント部品とつっぱり棒のポール径がぴったり合わないので、どうしても多少ぐらつきはありますが、パイプが回転するので壁側の方も、楽にバスタオルをかけられるようになっています。
つっぱり棒の方が細いので、パイプがすべり落ちていかないように、厚みのあるクッション素材のテープを貼って、更に結束バンドでとめています。
これも、近藤マジックの応用で、先生は隙間テープと結束バンドを使ってすべり落ち防止をしていました。
夫と私の分は、お風呂のすぐ横に同じ要領で干してあります。
大人バスタオル

いずれも広げて干すことができるので、すぐ乾いていい感じ~です。
子供の成長と共に、変わるかもしれないなぁ~と思っています。

【2010.9月追記】
現在は、お風呂のすぐ横に、家族4人分を干せるようにしてあります。
関連記事
整理・収納・DIY | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
こんにちは!
ちゃこさん
ブログ訪問ありがとうございます!

主婦の鏡ですねー!!ほんの些細なことで生活に無駄がなくなるのですね。
私は無駄ばかり主婦なので勉強になります。
リンクありがとうございます。私もリンクさせていただきます。
私の夫は北海道出身なので、一応私も北海道民です(笑)

ところで、サウナがお好きなんですか?私も大好きです。家の近くのスパや健康ランドに行きまくりです!
最近はもっぱら岩盤浴にはまっています。
◆ジュディーさん◆
へぇ~へぇ~へぇ~♪
ダーリンは北海道出身なのですねぇ。
そうなんですよっ!プロフィールのところで、岩盤浴と見たときに・・・キラリ~ン☆と目が光ました。
私も岩盤浴にも行きます。気持ちいいですよねぇ~。
特にちょっと体調が悪いときは、サウナより岩盤に行くようにしています。
リンクの件、こちらこそありがとうございます~♪
鏡だなんて、とんでもございませんよ~。
今も、山盛りの乾いた洗濯物を横目に・・・これからたたみます・・・。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。